崩壊

Jリーグ第9節。
浦和レッズは、アウェー・豊田スタジアムにて名古屋グランパスとの対戦。

ルヴァン杯から中2日。
大阪、名古屋とアウェーの連戦で迎えるレッズ。
相手は、ここまで1敗の好調・名古屋グランパス。
昔から相性の悪いアウェーで、どのような戦いをしていくか。

スタメンはレオナルド、杉本の2トップ。
CBはデン、鈴木大輔の2枚。

試合は、いきなり動き前半9分にグランパスがカウンターからの速攻で先取点。
先取点を取られた1分後に、再び前田選手に決められ、瞬く間に追加点。
その後も前半だけで前田選手にハットトリックを決められるなど、大量5失点を喫してしまい前半終了。

後半開始と同時にレッズは選手を3人交代。
そして後半開始早々にレッズがレオナルド選手の3試合連続となるゴールを決めて反撃に出るが、あっさり追加点。
レッズはレオナルド選手に、この2試合2点目となるゴールを決めたが、焼け石に水。

結局、試合は名古屋グランパスが6-2で浦和レッズに大勝。
レッズは順位こそ、前節と同じ7位のままですが、得失点差でマイナス5まで落としてしまいました。

今季のグランパスは、ここまでリーグ最少タイの失点数で上位。
前任の監督とは真逆のスタイルなのですが、守備的なスタイルがうまく機能しているようですね。
もっとも、昨年も前半は好調だったけど後半に沈みましたが。

ジョー選手が退団したグランパス相手に、まさかの6失点。
失点シーンを見ても、ほとんどが相手の速攻に対応できずにGK・西川選手と1vs1の場面を作られていましたね。
この試合の両CBも前半は酷かったし、両SBも全く対応がなっていなかったと思います。

後半は、精彩を欠いていた鈴木選手、武富選手を交代。
代わって入った槙野選手がCBに入ってからは1点こそ奪われていたけど、前半とは見違えるように映りました。
レオナルド選手も3試合連続となるゴール。
選手の使い方を間違えなければ、それなりに戦える事を示した後半の戦いぶりだったと思います。

次節は、ホーム・埼玉スタジアムにてサンフレッチェ広島との対戦。
1試合少ないとはいえ、順位はレッズより下位のチーム。
得失点もプラス5なのに、順位は下位とは、一体どんな戦い方をしているのか。

来週もスタジアムにはいけずにTV観戦。
NHKで中継があるので、今日みたいな醜態を全国ネットで晒すわけにはいきません。

この記事へのコメント

2020年08月09日 09:12
おはようございます。
いやはや、何かもう言葉が出ないと言いますか、名古屋相手のアウェーは過去から厳しい試合が多いとはいえ、それにしても酷い内容と失点数でしたね。名古屋が良いサッカーをしていたというより、明らかにレッズの前半の戦い方のダメダメさから自滅した内容でした。特に鈴木のようなあんな失点当然の守備をしていては、下位相手にも大量失点でしょうね。

レオナルドの2ゴールが唯一の救いにはなりました。それを踏まえて1週間、立て直してほしいです。

FREE TIME
2020年08月09日 11:37
 >うえさん
おはようございます。
前半からあれよあれよという間に失点を重ねて、本当に酷すぎる試合でした。
スタメンで起用された4バックが全員ダメでしたね。
あんな守備では、いくら西川でも厳しいというもの。
次節までには、気持ちを切り替えてチームを立て直してほしいです。