橋岡選手の1ゴールアシストの活躍で逆転勝ち

Jリーグ第13節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて大分トリニータとの対戦。

前節は敗れて連勝は止まったレッズ。
今夜の相手は昨年2戦2敗と苦杯を喫した大分トリニータ。
現在は下位に低迷している相手にホームで連敗は許されない戦い。

選手起用面において、興梠選手が久しぶりにスタメン復帰。
そろそろJ1通算150ゴールを決めてほしいところ。

試合は、前半9分にトリニータに左サイドを起点とした攻撃から先取点を許してしまう。
前節に続き1点を追いかける事になったレッズは、相手陣内で攻撃を仕掛けられる時間帯が増えてきて、30分に橋岡選手のクロスからレオナルド選手が頭で来てレッズが同点。
更に2分後にPA付近でFKを獲得。
このFKを橋岡選手が頭で決めてレッズが逆転。
前半はレッズが1点リードで折り返し。

後半はトリニータペース。
得意のサイド攻撃でレッズ陣内で攻め上がる。
しかし、レッズが最後まで1点のリードを守り、このまま2-1で試合終了。

浦和レッズが大分トリニータに勝利して、2試合ぶりの勝利。
順位も暫定5位に上がりました。

今日の試合はNACK5でラジオ中継があったので、ラジオで試合を観戦していました。
野球と違ってサッカーのラジオ中継で想像しにくいのですが(汗)

相手は、昨年2戦2敗とやられたチーム。
得点源の選手が移籍した今季は、ここまで下位に低迷していますが、レッズが苦手としているサイド攻撃が得意なチームだけに要注意の気持ちで見ていました。

その不安が早々と的中した時は、何だかなぁと思いましたが、前半のうちに逆転できて良かったです。
その逆転のきっかけとなったのが橋岡選手の1ゴール1アシスト。
先取点は彼のところを突かれての失点だったけど、見事に攻撃面でやり返してくれました。

次節は、ヤンマースタジアム長居にてセレッソ大阪との対戦。
相手は暫定4位とレッズより上に位置するチーム。
セレッソとは、ルヴァン杯で対戦済みだが、リーグ戦は別物。
グループリーグ敗退の借りをリーグ戦で返したい試合です。
それにしても、来週から9月なんですね(汗)

この記事へのコメント

2020年08月30日 09:11
何時もお世話になっております。

連敗しない事は3位以内に入るには重要な事ですのでリードして守り切れる事が今の浦和の強みではあります。

やはりレオナルドの存在が浦和が今の順位にいるのは間違いないだけに興梠が先発復帰した事でさらにレオナルドのマークは緩和されると思います。あとは立ち上がりの失点する癖がなくなればという感じですね。

荻原もスタメンで試合に起用され続けているので連携にはもう少し時間が必要ですが半分終わった頃には左サイドバックで大活躍してくれると思います。

9月でシーズンの半分が終わりますが3か月で半分消化するのがこれだけ過酷だとは正直選手たちはもっと大変だと思います。特にJ2は最後の3連戦を除けばずっと5連戦が続くので1試合中止になると福岡と大宮のように11連戦を戦い続けるだけに観る方も大変です。

それを踏まえるとJ1は浦和はACLの関係で1度だけ5連戦が組まれますが5連戦がないクラブがある事を踏まえるとJ1の日程は恵まれていると感じます。

これからはコロナになる中止という見えない闘いともなりますのでこのまま観客に感染者なしが続いて50%上限に緩和される事を祈るばかりですね。
2020年08月30日 10:00
おはようございます。
昨日はNACK5中継もあったんですね。NACKが大宮公園のネーミングライツやる前は、大野勢太郎氏の実況でよくレッズ戦を中継してくれていたんですよ。

さて試合ですが、失点の仕方と後半の戦い方は課題ですが、今回は前半の僅か3分間に逆転できたのは大きかったですね。ホームで連敗は許されなかっただけに、この勝利は精神的にも大きいと思います。
これを次節以降、9月に良い流れに持って行けるかですね。その戦い方に期待したいです。
FREE TIME
2020年08月30日 10:32
 >PGM21さん
おはようございます。
新潟さん、昨日も勝って順位を上げてきていますね。
荻原選手も、レンタル先できっかけをつかめればと思っています。
まだJ1は半分も消化していませんが、残り4ヶ月しかない事を考えると、きつい日程ではあります。
1日でも早く観客5,000人上限から次のステップへ進める事を祈るばかりです。
FREE TIME
2020年08月30日 10:36
 >うえさん
おはようございます。
昨日は、暑い中の観戦お疲れ様でした。
NACK5で中継があったので久しぶりにラジオ視聴していましたが、野球と違って誰がどこにいるかって把握できないのが短所ではありますが。
前半のうちに逆転できた事が終わってみれば大きかったですね。
ただ、相手にも恵まれた部分があったので、9月以降はこうはいかないと事を肝に銘じて試合に臨んでほしいです。