トーマス・デンのスーパーゴールも実らず連勝ストップ

Jリーグ第12節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてヴィッセル神戸との対戦。

ここまで2連勝で暫定4位につけているレッズ。
今夜の相手は、中位に低迷するヴィッセル神戸。
真夏の3連戦の最後の試合も勝って、順位を上げておきたい試合。

スタメンは宇賀神選手に代えて山中選手を左SBで起用。
FWはレオナルド、武藤の2トップで、興梠選手は今日もベンチスタート。
一方のヴィッセルはイニエスタ選手が欠場。
これで、イニエスタは3年連続埼スタ欠勤w

試合は、前半15分にSBを崩されてクロスから失点を許し、先取点を奪われてしまう。
しかし、33分にFKからのこぼれ球に反応したデン選手がGKが一歩も動けないミドルシュートを決めて同点。
前半は1-1のタイで後半へ折り返し。

後半になるとレッズが優位に試合を進め、途中出場で入った興梠選手が持ち味を発揮して相手陣内に攻め込むものの、なかなかゴールが奪えずに1-1のまま、後半も終盤へ。
すると後半37分にヴィッセルがCKからのこぼれ球を山口蛍選手が豪快なミドルシュートを決めて勝ち越し。

結局、これが決勝点となりヴィッセル神戸が2-1で浦和レッズに勝利。
敗れたレッズは3試合ぶりの黒星となり、順位も暫定7位に落ちました。

今夜の試合はテレ玉で中継があったので、BSの野球中継と並行しながらTV観戦していました。
先取点を取られたシーンは、またしてもサイドからのクロスによるもの。
見事に崩されてしまいましたね。

その後に飛び出したデン選手のゴールは圧巻でした。
相手GKが一歩も動かぬスーパーゴール。
そういえば、このゴールが来日初ゴールになりますね。

後半になるとレッズが優位に試合を進めますが、ゴールが遠く。
逆に勝ち越しゴールを許し万事休す。
やはり、決める時に決めておかないとこうなるの典型的な試合となってしまいました。

それでも興梠選手の復帰は明るい材料。
彼がいる事でレオナルド選手のマークも、いくぶん緩くなりますから。
そろそろJ1通算150ゴールを決めてほしいところです。

次節はホーム・埼玉スタジアムにて大分トリニータとの対戦。
現在は下位に低迷しているチームですが、昨年はリーグ戦で2戦2敗の相手。
西川選手にとっては古巣との対戦ですが、今度こそ古巣相手に無失点を期待したいです。

この記事へのコメント

2020年08月24日 11:42
おはようございます。
試合全体を通しては、決して悪い内容ではなかったと思いますし、デンの加入後初ゴールがスーパーなものという凄い材料もありでしたが、それだけに失点シーンと、そしてあれだけチャンスがありながらも決めきれなかった部分が悔やまれますね。それにホームですし、せめて引き分けには持ち込んでほしかったです。

また1週間空きますが、引き続きホームなので、次はホームらしい勝利で飾れるチームに仕上げてもらいたいところですね。
FREE TIME
2020年08月24日 22:48
 >うえさん
こんばんは。
昨日は観戦お疲れ様でした。

試合運びは悪くなかったのですが、決める時に決めておかないとこうなるの典型的な試合結果となってしまいました。
それでもデンのゴールは素晴らしかったです。
次節もホームゲームなので、連敗は避けたいですね。