甲子園高校野球交流試合6日目

甲子園高校野球交流試合も、いよいよ最終日。
これでセンバツ出場予定だった32校が全て甲子園で試合が出来た事になります。

第1試合は大阪桐蔭(大阪)vs東海大相模(神奈川)。
ともに優勝経験が豊富で、センバツが開催されていたら優勝候補の一角に挙げられていたであろうチーム。
両校の甲子園の対決は今回が初めて。

試合は大阪桐蔭が初回に1点を先取。
2回以降は、大阪桐蔭・藤江、東海大相模・石田の両左腕の投げ合いが続き、6回を終了時点で1-0と大阪桐蔭リードで終盤へ。

6回まで散発1安打の東海大相模は7回に無死二、三塁と逆転のチャンス。
一死後、神里選手のヒットで2者生還し、東海大相模が逆転。
しかし、大阪桐蔭は、その裏に1点を返すシーソーゲーム。

8回裏に大阪桐蔭が、東海大相模の2番手・笠川投手から一死二、三塁の勝ち越しのチャンス。
ここで、途中出場の薮井選手がレフト前にしぶとく落とす2点タイムリーで勝ち越し。
試合は、このまま大阪桐蔭が4-2で東海大相模に競り勝ちました。

第2試合は尽誠学園(香川)vs智弁和歌山(和歌山)。
ともに強力打線が持ち味のチーム。

試合は初回に両チーム1点ずつ取り合うスタート。
2回に尽誠学園は、一死満塁から菊地選手が走者一掃のタイムリー二塁打で3点勝ち越し。
その後も2点タイムリーが出て、一挙5点のビッグイニング。
4回にも2点を追加して優位に試合を進める。

尽誠学園の先発・村上投手は強打の智弁学園を7回1失点に抑える好投。
試合は尽誠学園が投打に智弁和歌山を上回り8-1で勝利しました。

第3試合は白樺学園(北海道)vs山梨学院(山梨)。
このカードが交流試合最後の試合。

試合は初回に白樺学園が満塁から押し出し四球を選んで先制するが、山梨学院は2回と4回に犠牲フライで1点ずつ取って逆転。
対する白樺学園も5回に川波選手のホームランで同点に追いつくシーソーゲーム。

同点に追いつかれた山梨学院は、6回に一死満塁から河野選手が走者一掃のタイムリー二塁打で再び勝ち越し。
その後も着々と加点し8得点。
結局、試合は山梨学院が8-3で白樺学園に勝利しました。

これで交流試合全16試合が終了。
勝っても負けても最初で最後の試合でしたが、一度は夢を絶たれた球児たちが甲子園で溌剌とプレーする姿には胸を打たれました。
高校卒業後も野球を続ける予定の選手にとっては、今回の交流試合でプロや大学のスカウトにアピール出来たのでしょうか。

来年は、たとえ一般の観客が観戦できなくてもセンバツも選手権大会も行えるようになってほしいです。
せめて球児たちに夢見る環境は作ってもらいたいです。

この記事へのコメント