渡哲也さん死去

俳優の渡哲也さんが10日に肺炎の為、亡くなりました。
78歳の生涯でした。

「大都会」「西部警察」など数々のドラマや映画で存在感を示した俳優、渡哲也さんが10日に肺炎で死去していたことが14日、分かった。78歳だった。この日、近親者のみで密葬が営まれた。
複数の関係者によると、入院先の東京都内の病院で親族に看取られ、静かに息を引き取ったという。2015年6月に心筋梗塞の手術を受けて以降、入退院を繰り返し、ここ数年は呼吸器疾患などで自宅療養を続けていた。
今年6月、石原プロモーション創業者でもある俳優、石原裕次郎さんの生前の映像と共演した宝酒造CM「よろこびをお伝えして50年~幻の共演~」のナレーション録りを自宅で行ったのが最後の仕事だった。(サンケイスポーツ)

近年は闘病中である事は聞いていましたが、訃報を聞くと信じられない気持ちになりました。
78歳って、まだまだ亡くなるには早いでしょう。

渡哲也さんというと最初の頃は「西部警察」のイメージ。
角刈りにサングラスと、今思えば刑事というよりヤクザみたいな風貌でしたね(汗)
派手なアクションもあって楽しみに見ていたドラマでした。

最近では、時代劇の出演が多かったですね。
大河ドラマ「秀吉」では織田信長を演じていましたし、映画でも時代劇系の出演が多かったように記憶しています。

自分は男ですが、渡哲也さんは「男がほれる男」と呼ぶにふさわしい人でした。
演技だけでなくトーク番組でも優しい口調で話していて、有名人ながら謙虚な感じで話していた姿が目に浮かびます。

先日、石原裕次郎さんの生前の映像と共演した日本酒のCMを見ましたが、これが最後の仕事だったのですね。
このCMは当分継続してほしいと思います。

渡哲也さんのご冥福をお祈りいたします。
これで師匠と弟の所へ行けますね。

この記事へのコメント