サッカーも野球も埼玉が千葉に完敗

Jリーグ第6節。
浦和レッズは、流山橋じゃなかった・・・ホーム・埼玉スタジアムにて柏レイソルとの対戦。

5試合消化して3勝1敗1分けで勝ち点10と、まずまずの位置につけている浦和レッズ。
今日の相手は2年ぶりにJ1に昇格した柏レイソル。
前節は破れているだけに連敗は避けたい試合。

スタメンでは、武藤選手が今季初スタメンでレオナルド選手との2トップ。
外国人選手も4人スタメン起用。

試合はレッズが武藤選手を中心に再三のように決定機を作るが、相手GKの好守もあって得点には至らず。
逆に前半32分にレッズがDFラインのパスミスからお粗末な失点。
前半は1-0とレイソルリードで後半へ折り返し。

後半になっても6分、11分と立て続けに失点を重ねてしまう悪循環。
攻撃も相手GKの再三の好守に阻まれゴールが遠く、ついには後半44分に4点目を取られてしまい、これで2試合で6失点。

結局、試合が柏レイソルが4-0で浦和レッズに大勝し、ネルシーニョ監督の誕生日を白星で飾りました。
敗れたレッズは連敗で得失点もマイナス3に。
順位は前節と変わらず6位のままとなりました。

今回も埼スタへは行けずに、テレ玉もライオンズ戦を中継していたのでネットやテレビのデータ放送で確認する程度。
大雨の中での試合開始となってしまいました。
例年なら、既に梅雨が明けているのですが、昨年同様かそれ以上の長梅雨になるみたいですね。

試合開始当初は武藤選手がキレのあるプレーで優位に進めていましたが、相手GKに阻まれて、逆にレッズはGKのつまらないミスから先取点を献上。
自陣でダラダラとボール回しをする悪癖は何とかならないのでしょうかね。

その後もサイドから、あっさりクロスを上げられての失点。
終わってみたら4失点。
前節との2試合で計6失点と守備崩壊ですね。
この過密日程で、DFラインはほぼ固定。
ちょっと疲れが来ているのかなとも思います。

今日はメットライフドームでライオンズvsマリーンズ、埼スタでレッズvsレイソルと、サッカーも野球も埼玉vs千葉の組み合わせでした。
結果は、どちらもアウェーで乗り込んできた千葉の勝利。
埼玉県民にとっては屈辱的(?)な1日となりました。

次節は、アウェー・ニッパツ三ツ沢球技場にて横浜FCとの対戦。
横浜FCとは実に13年ぶりの対戦。
あの悪夢から13年経過したのですね。
昇格チームとはいえ、レッズは大敗したレイソルに勝っているので簡単には勝てないと思います。
3連敗するようだと、順位も一気に下がってしまうだけに、最低でもアウェーで勝ち点1を獲得してほしいです。

この記事へのコメント

2020年07月23日 00:50
こんばんはです。
何かもう本当にお粗末なミスから失点とか、昔から何回同じ選手が同じミスを繰り返しているんだという情けなさですね。ミスはチャレンジとか言って許容して来た監督の罪と、その時代の教え子の影響がまだ残っていると思えてしまいます。今回はそれに尽きますね・・・。

次は同じJ2昇格組でも、あの因縁の相手になりますね。勝たなければいけませんね。
FREE TIME
2020年07月23日 17:26
 >うえさん
こんにちは。
昨日は雨の中、埼スタまで観戦お疲れ様でした。
またしても自陣でダラダラとパス回しを繰り返している内にボールを奪われてのカウンターで失点と、何年同じミスを繰り返しいるのでしょうかね。
セーブ率も悪いし、そろそろGKも世代交代の時期に入ってきたのかなと思います。
次節は13年ぶりの対戦となりますが、選手達にとっては昔の話。
気負うことなく戦って連敗を止めてほしいです。