東京都知事選 小池知事が再選

新型コロナウィルスの感染が再び広がり始めている最中に行われた東京都知事選。
現職の小池百合子都知事の再選が決まりました。

任期満了に伴う東京都知事選挙が5日投開票され、現職の小池百合子氏(67)が再選を決めた。1期目の実績や新型コロナウイルス対策の推進などを掲げ、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(73)や、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)らを破った。全国最多の感染者の抑制と、経済対策の両立という重い課題への手腕が問われる。
開票作業は6日未明に終了し、各候補者の得票数が確定した。小池氏は366万1371票を獲得。前回の約291万票を上回った。次点の宇都宮氏に約280万票の大差をつけ圧勝した。(日本経済新聞)

未曽有のコロナ渦の中で、当選したのは小池百合子氏。
投票した多くの都民は変化ではなく継続と選んだという事になります。

都知事就任以降、掲げた公約を全く果たせていない小池都知事。
都民の不満もある筈ですが、彼女に対抗する候補者の面々が、あまりにも物足りなかったですね。
悪く言えば、ロクなのがいなかったから。

今回の得票数で、小池都知事と次点の宇都宮氏との票差は、およそ200万票差。
これでは信任投票と大して変わりません。

再選を果たした小池都知事の課題となると、まずはコロナ対策。
緊急事態宣言解除してから1ヶ月が経過しましたが、ここに来て再び感染者数が増加しています。
経済を動かしつつ、感染者数を抑える為に、どのような対策を施すべきか彼女の腕の見せ所ですね。
来年に延期になったオリンピック・パラリンピックは、二の次という事でお願いします。

この記事へのコメント