熊本で大雨

昨日から熊本県と鹿児島県で記録的な大雨に見舞われていますが、死者も出ている様子。
今後も梅雨前線の停滞で雨が断続的に降り続くようで予断は許しません。

熊本県南部を襲った豪雨で、県は5日、3市町で計18人が死亡したと発表した。ほか16人が心肺停止状態で、14人が行方不明。警察や消防、自衛隊が捜索や被災者の救助に当たっている。14人が心肺停止状態で見つかった球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」では、約50人が救出された。(共同通信)

毎年のように、7月になると西日本の何処かで豪雨による被害が出ている気がします。
熊本県の大雨は、昨日のニュースでも見ましたが、昨年の台風を見ているような光景でした。

今日の時点で18人死亡。
14人の行方不明者の安否も気になりますね。

中でも甚大な被害を受けているのが人吉市。
球磨川の氾濫によって、道路に冠水したり、家が流されたり。
周辺の住民は避難所に生活していますが、大勢の人が密集して集まるのでコロナウィルスに感染する恐れがあります。
対策も整っていない中で、この状況は宜しくありません。

今後も、九州地方に梅雨前線は停滞し、雨は降り続く見通し。
毎年のように、この時期になると大雨による水害が西日本を中心に発生しているので、政府も何かしらの対策を立ててほしいです。

この記事へのコメント