映画「水曜日が消えた」

映画「水曜日が消えた」を鑑賞しました。

この映画は、中村倫也が主演を務める異色のドラマ。
曜日ごとに人格が入れ替わる青年の姿を、火曜日の人格の視点で描く作品。

ストーリーは、幼少期の交通事故が原因で、曜日ごとに7人の人格が入れ替わる青年は、思考や性格はバラバラだが、各曜日の名前で呼び合いながら平穏な毎日を過ごしていた。
その中でも地味な火曜日(中村倫也)は、ほかの曜日から家の掃除、荷物の受け取り、通院といった面倒な用事を押し付けられていた。
ある日の朝、目を覚ました火曜日が水曜日がいなくなっていることに気づく。
火曜日は、見慣れないテレビ番組などに戸惑いながらも水曜日を満喫する。

映画館上映再開後、初めてのなる邦画作品。
現在、ドラマ「美食探偵」に出演中の中村倫也が主演の映画という事、「水曜日が消えた」という気になるタイトルも相まって劇場鑑賞してみる事にしました。

上映が始まる前に、中村倫也からメッセージが。
この映画は、昨年のうちにロケを行っているとの事だそうで。
ロケを行っていた時には、このような事態になるなんて、誰も思わなかったでしょうね。

その中村倫也が演じる主人公は、曜日ごとに人格が入れ替わります。
つまり7人の人格がいるという事。
7人の人格は自分自身でもあるので、それぞれ曜日で呼び合っています。

ストーリーは、火曜日を中心に描かれていて、前日の月曜日が大雑把な性格なので火曜日が家の事から、通院までこなす事に。
7人の人格は性格や髪型、着る服の趣味まで違っているとの事で、その7人の人格を中村倫也が使い分けていたのが、この映画のポイント。
中でも火曜日と正反対の性格の月曜日を見ていて、中村倫也の演技の幅広さを感じました。

映画のタイトルにもなっている「水曜日が消えた」。
最初は、てっきり水曜日そのものが消えて、火曜日の次は木曜日がやってくるのかと思っていましたのですが、実際は水曜日の人格が消えて火曜日が水曜日も過ごすという事。
そのうち木曜日まで過ごす事になり、一方で月曜日が逆算して日曜日、土曜日といった感じで過ごす事になります。
このストーリーの設定も見事でした。

7人の人格は、現実には存在しなくても、おそらく心の中には誰もが持っていると思います。(人格の数に差異があるとは思いますが)
それを映像化してみる事で、どのように描写されていくのか。
その大変さを中村倫也は演技の幅で伝えていたと思いました。

この記事へのコメント