巨人の2選手がコロナ感染を発表

開幕が6月19日と決まったプロ野球。
開幕が間近に迫っている中で巨人の2選手が新型コロナウィルスに感染していた事を球団が発表しました。

感染が確認されたのが坂本勇人選手と大城卓三選手。
2人とも、これまで体調に問題がなく味覚や嗅覚にも問題がないとの事です。

巨人では、先月下旬に希望した選手ら球団関係者218人に抗体検査を実施。
そこで坂本、大城2選手を含む4人に陽性が、昨日の練習試合後に確認されて、その後のPCR検査で2選手に陽性反応が確認されたので、昨日のt埼玉西武ライオンズとの練習試合も急遽中止が発表されました。

2選手とも緊急事態宣言解除後に外食をした以外は、夜間の外出もしていないとの事。
2人とも昨日の練習試合に出場していた事からも体調面にも全く問題がなかったみたいです。
明日、原監督ら1軍の選手、スタッフにもPCR検査を実施する予定です。

それにしても、何の自覚症状もないのに陽性反応が出てしまうとは。
もしかしたら、自分も知らぬ間に感染していて、知らぬ間に回復していたのかもしれませんね。
どれだけ厄介なウィルスなのでしょうか?

先日はJリーグの選手でも感染が確認されるなど、ここに来て感染者が増え始めた様子。
東京では東京アラートが発動され、レインボーブリッジが真っ赤に染まっています。
NPBでは、予定通り開幕を行うとの事ですが、このまま何事も起こらない事を祈るばかりです。

この記事へのコメント