緊急事態宣言の全面解除

本日、これから緊急事態宣言が解除されていなかった首都圏1都3県と北海道の解除が発表されました。
これで47都道府県の全面解除となります。

安倍晋三首相は25日夕に記者会見し、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言について、北海道と首都圏の東京、埼玉、千葉、神奈川の計5都道県で終了し、全都道府県で解除すると表明した。初発令してから49日間だった。政府は外出やイベント開催の自粛、休校などの要請を段階的に緩和する方針だ。首相は「わずか1カ月半で流行をほぼ収束させることができた」と強調。再流行に備え、医療体制の充実に2兆円の予算を積み増すと説明した。日本の感染症対策は新たな局面に入った。(共同通信)

4月から発令されていた緊急事態宣言も、一旦は解除される事になりました。
まだ感染者は出ていますが、一時期に比べて減少傾向にあるし、これ以上、経済を止め続けるわけにもいかないので、今回の緊急事態宣言解除を、自分は支持したいと思います。

しかし、これで完全に収まったわけではありません。
韓国のように第2波による感染者が激増する可能性もあります。
緊急事態宣言にしたってレベル5からレベル1まで下げたって事でもないわけだし、解除後も1人1人の自主性が試されるわけです。

ピークを脱したとは言っても、神奈川県と北海道の感染者数は、まだまだ多い方。
神奈川県は県外から観光目的で来ている姿も多く、そのせいで感染者が多く出ていると言っても過言ではありません。
これから梅雨に入って、鎌倉で紫陽花が見頃となり、夏になれば神奈川県内の海を訪れる人もいるでしょう。
暑くなる事でウィルスの勢いが弱まるかどうか不明ですが、夏には日常を少しずつ取り戻せるようになってほしいです。

緊急事態宣言解除によって、娯楽施設の営業再開も増えるでしょう。
まずは映画館の再開が、個人的には待ち遠しいです。

この記事へのコメント