春のグルメ日記(2020年5月)

新型コロナウィルスにより外出もままならなかった今年の春。
それでも、今年の3~4月に味わったグルメネタを掲載したいと思います。
冬も終わりに近づいていますが、今回は、この冬に味わったグルメネタを掲載したいと思います。

玉ひで ・親子丼
tamahide.JPG
東京メトロ・人形町駅を出て近くにある親子丼専門店。
1760年創業と伝統がある老舗料理店です。

自分が訪れたのは3月。
まだ新型コロナウィルスへの警戒は強くない時期で、お昼時ではありましたが、店の外で30分ほど並びました。

注文はシンプルに親子丼(1,800円)。
親子丼発祥の店でもありますしね。

最初にお茶と一緒に出されたのが、軍鶏のコラーゲンスープ。
コラーゲンスープだけあってドロッとしていましたが、なかなかの味わい。
そして、その後に登場したのが親子丼。

見るからに最高級の玉子と軍鶏を使っているのがわかります。
実際に食べてみて、甘い出汁に、とろとろと柔らかい玉子。
軍鶏も弾力があって、噛み応えがあります。
本当に長く並んででも食べてみる価値ありですよ。

寿司処六ちゃん・おまかせ丼
6cyansagamihara.JPG
3月に私用で神奈川方面まで出かけた際に立ち寄った寿司屋。
最寄駅は小田急相模原駅です。

小田急相模原駅から歩いて10分以内のところ。
今年の春のセンバツ高校野球に出場予定だった東海大相模高校の近くにこの店があります。
野球部ご用達らしく、店内には東海大相模高校野球部の栄光の足跡とも言うべき写真や当時の雑誌などが並べられております。
同校OBでもある巨人・原監督や菅野投手が店を訪れて、一緒に撮っている写真もありました。

知人から推奨されたメニューで、おまかせ丼(1,100円)を注文。
店長がいろいろなネタを捌いて、ご飯に盛り付けする事5分あまり。
既に味付けはしていると助言をいただいたんで、醤油といった調味料は使わずに食べる事に。

酢飯の上にはトロ、イカ、サーモン、ホタテといった魚介類からキュウリなどの野菜や玉子も盛り付けられています。
このボリュームで1,100円はお得。
ご飯も大盛りかと思うような盛り付けですが、実際には並み盛りだそうです。
刺身から野菜、玉子まで一気に食べられるのがいいですね。
もっと、若いときに大盛りで食べてみたかったです。

日高屋・大宮担々麺)
hidakayaomita.JPG
埼玉県に本店を置くラーメンチェーン店。
大宮アルディージャのスポンサーではありますが、メニューが安くて豊富なので、自分も時々食べてに来ています。

この春、自分が日高屋で食べた中で印象に残ったメニューが大宮担々麺(650円)。
昨年も期間限定メニューで出ていましたが、今年になって初めて食べてみる事にしました。
そういえば、2月にも別のラーメン屋で坦々麺を食べたっけ。

見た目は、坦々麺というよりチゲラーメン。
スープの上に胡麻、ニラ、玉ねぎなどが乗っていて、ふわふわ玉子も全体にのっています。
辛さは丁度いい辛さで、ニンニクも効いています。
好みによって辛さを調整できるそうです。

メニュー名でもある「大宮担担麺」。
どこが大宮なのかと思ってしまいますが、本店が大宮にあるので、ご当地麺にでもしたいのでしょう。

この記事へのコメント