緊急事態宣言は5月31日まで延長

今月6日までを目途としていた緊急事態宣言。
結局、今月いっぱいとなる5月31日まどに延長する事になりました。

新型コロナウイルスへの対応を協議する政府対策本部が4日午後開かれ、緊急事態宣言の対象地域を全都道府県としたまま、5月31日まで延長すると正式決定した。その後に安倍晋三首相が記者会見し、今後の対応などについて説明する。
首相は対策本部で「現時点ではかなりの数の新規感染者数を認め、感染者数の減少も十分なレベルではない。医療提供体制が逼迫(ひっぱく)している地域もみられる」などと発言。一方で「5月14日をめどに専門家に状況を改めて評価していただきたい」と述べ、期限内にも解除を検討する意向を示した。
政府は4月7日、東京都や大阪府など7都府県を対象に、期限を5月6日までとする緊急事態宣言を発令し、7都府県は不要不急の外出自粛や娯楽施設の休業などを要請した。その後、都市部から地方への移動による感染者の増加を防ぐため、4月16日には対象を全国に拡大していた。(毎日新聞)

先月末から緊急事態宣言を延長する方針である事が報じられていたので、今日の発表についても「やはりな」と言う感じ。
もう少し、我慢が続くと言ったところですね。

多くの施設で休業要請を行ってきましたが、今回の延長では休業要請を緩和する部分もあるようです。
流石に、これ以上の自粛は経済が死んでしまうし、緩和を解除したら、再び感染が広がる可能性もあります。
難しい問題ですが、徐々に動かし始めていくのが最善の策と取るべきでしょう。

今月末までの延長なので実質1ヶ月。
今回の緊急事態宣言を設けた期限でも我慢できずに行動した人が多かったのだから、もう1ヶ月の延長で我慢できるとは思えません。
せめて自分の身の安全だけでもしっかりケアしてほしいです。
もうしないと、また延長するなんて事になりかねませんので。

今日の緊急事態宣言延長を受けて、今月から開催予定だった大相撲夏場所の中止を発表。
春場所は無観客で開催して、無事に15日間行えたけれど今回は中止。
大相撲関係者の中から感染者が出ている以上が仕方ないですね。
それに夏場所は東京での開催ですし。

この記事へのコメント