日本全国に緊急事態宣言

これまで一部で出されていた緊急事態宣言。
今日、47都道府県全てで緊急事態宣言を発令しました。

安倍晋三首相は政府対策本部で「地域の流行を抑制し、特にゴールデンウイークの人の移動を最小化する観点から、全都道府県を緊急事態措置の対象とすることとした」と表明した。
知事に対し、不要不急の帰省や旅行など都道府県をまたいで移動することを絶対に避けるよう住民に促すよう求め、観光施設で人が集中する恐れのある場合は施設に入場制限を求めるよう要請した。「緊急事態を5月6日までに終えるためには最低7割、極力8割の接触削減をなんとしても実現しなければならない。国民の皆様にはご不便をおかけするが、引き続きのご協力を何とぞよろしくお願いする」と訴えた。(毎日新聞)

これまでは一部の都市圏でしか発令していなかった緊急事態宣言。
今日になって、5月6日までを目途に全都道府県に発令。
最初から、それをやっておけばよかったのですが・・・。

今月7日の宣言以降も、7都府県で感染者の増加に歯止めがかからず、他の地域でも感謝者が増え始めてきています。
地方では感染者に対処できる病院や医療従事者が限られており、医療崩壊が起きる懸念も大きいです。

今年のGWは5月2日から最大5連休。
本来なら、この時期を利用して国内旅行なども計画している人も多かった事でしょう。
でも、現状は不要不急な外出を控えるよう我慢する時期。
ここを乗り越えたところで収束に向かうとは思えませんが、欧米のような都市機能を失うよりは遥かにマシです。

しかし、今のままでは経済的には、かなりやばいでしょう。
自分も、4月に入ってから趣味にお金を使っていないので、例年に比べて貯金も増えている状態。
まぁ、自分の場合は仕事が出来ているだけ御の字ですが、いずれは危機的状況が訪れるでしょうね。

今後は政府の動き方次第。
緊急事態宣言の発令に伴う経済的な影響を最小限に抑える為にも、様々な支援策を施して、この危機を乗り切っていきたいですね。

この記事へのコメント