結局は白紙に

新型コロナウィルスの感染拡大により、先送りされ続けてきたプロ野球の開幕とJリーグの再開。
結局、現時点での開催は困難と判断され、プロ野球の開幕とJリーグの再開は白紙となりました。

日本野球機構(NPB)とJリーグが、厳しい現実を突きつけられた。合同で設立した「第5回新型コロナウイルス対策連絡会議」が3日、ウェブ上で開催された。
専門家チームは感染者数が増加する現状への危険度を強調し、4月から5月にピークが来る可能性を指摘。NPBとJリーグで感染者も出てきているだけに4月の公式戦開催は困難で、5月下旬以降の延期を提案した。会議を受け、両団体はそれぞれ、開幕及び再開日程の白紙を決めた。
過去4度の会議とは、専門家チームの言葉の厳しさが違った。ウェブ上で実施された記者会見で、座長の賀来氏は「プロ野球、Jリーグも選手が感染した。誰もが感染しうる状況で4月の試合開催は難しい」と断言。三鴨氏が「東京で感染者が増え、経路不明者も増え、若者の感染者も増えた。4月の開催は難しい」と続けば、舘田氏も「市中におけるまん延期に入ったという認識」と同調。早くても5月下旬の開幕・再開が望ましいと進言した。(日刊スポーツ)

最早、日常生活にも支障を及ぼしてきている状態の中で、プロ野球もJリーグもそれどころではないと思っていましたが、期限が迫るたびに「何月何日を目標に」と言ってきましたが、ここに来て白紙を表明。
結局、そうなるのかと思いながらも、今はこれで良かったと思います。

先日、プロ野球もJリーグも選手に感染者が出ました。
無観客にしたところで、プレーする選手が感染してしまっては、試合するのも危険です。
しかし、阪神の件は何やってんだというのが正直な気持ち。
未だに不透明な部分があるなど、何かヤバい事でも隠しているのではないかとさえ疑ってしまいます。

東京オリンピック・パラリンピックは来年に延期。
大相撲夏場所も2週間遅れでも開催を発表。
海外でもテニスのウィンブルドンのような伝統ある大会でも中止に。
近年、ここまで世界が混乱する事はあったでしょうか。
リーマンショックでも、ここまで酷くはなかったでしょう。

本当に、このような事態にまで発展させてしまった中国とWHOが本当に憎いです。
現時点でコロナウィルスによる死者は5万人を超えました。
習近平とテドロスの2人は重罪人として裁かれるべきです。

この記事へのコメント