映画「弥生、三月-君を愛した30年-」

3連休中に、映画「弥生、三月-君を愛した30年-」を鑑賞しました。

この映画は、脚本家・遊川和彦が監督を務めたラブストーリー。
長きにわたる男女の恋愛模様を、3月の出来事だけで紡ぐ作品。

ストーリーは、高校時代に運命的に出会った結城弥生(波瑠)と山田太郎(成田凌)は惹かれ合っていたが、親友のサクラ(杉咲花)の死によって思いを伝えられず、別々の人生を歩む。
彼らは互いに違う相手と結婚するが、夢に破れ、大切なパートナーを亡くすなど、生きる希望を見失うほどのつらい現実が待っていた。
あるとき二人のもとに、亡くなったサクラからメッセージが届く。

昨秋、日本テレビ系列で放送していたTVドラマ「同期のサクラ」の脚本家である遊川和彦が手掛けた作品。
最初、TVでCMが流れた時は「同期のサクラ」の劇場版かと思いました。

高校時代に出会った男女3人。
その時の流れを、3月だけを視点とした30年間を描きます。

20代後半の波瑠の高校生姿も違和感なかったですね。
そして30年後の姿、即ち40代を演じる姿も。
これも本人の演技やメイク技術が成せるものなのでしょう。

ストーリーの始まりは1986年3月1日。
高校へ通学するバスの中で結城弥生と山田太郎(ドカベンかよ)は出会います。

それから3月2日以降のエピソードを描きながら話は進んでいくのですが、3月1日から31日まで順に流れていくわけではなし。
例を挙げると1986年3月1日、2000年3月20日と言ったように連続して続く3月の日付を、違う年代で振り返っていく流れです。(あくまで前文に挙げた年月日が例えで本編とは関係ありません)
わずか1ヶ月のエピソードで30年間を描けるものなのだなという脚本の設定には関心します。
ただ、日付を見逃すと時系列がわかりにくくなってしまうのが勿体ないと感じました。

3月を描いた作品なので、2011年3月11日のシーンも登場します。
主人公である弥生は宮城県出身で、震災当時は宮城県内の高校教師をしていたという設定。
先日、鑑賞した「Fukushima 50」でも当時の揺れの凄まじさを描いたシーンがありましたが、震源地でもあった宮城県となると、揺れは福島以上に凄まじかった事でしょう。

また、いつの時代にも認識不足からいじめが発生してしまうものなのですね。
結城弥生の親友でもあった渡辺サクラはAIDSに発症してしまいますが、その事からクラスメートにいじめられ、担任教師も見て見ぬふり。
そして、教師になった山田太郎の息子の受け持つクラスの子供が福島から転校してきた事で「放射能がうつる」といじめられて不登校になってしまう。
自分が中高生の頃は、こういういじめを目の当たりにした事はなかったけど、実際にもあった出来事なのかと思うと残念な気持ちです。

3月は31日ありますが、この映画で描いているのは30年間。
1日余るぞと思っていましたが、最後の最後で余った1日のエピソードが出てきました。
まさか、そういうオチがあったとはね。
「半分、青い」の鈴愛と律かと思いました(汗)

この記事へのコメント