映画「1917 命をかけた伝令 」

映画「1917 命をかけた伝令 」を鑑賞しました。

この映画は、第1次世界大戦を舞台にした戦争ドラマ。
戦地に赴いたイギリス兵士二人が重要な任務を命じられ、たった二人で最前線に赴く物語を全編を通してワンカットに見える映像で映し出す作品。

ストーリーは、第1次世界大戦が始まってから、およそ3年が経過した1917年4月のフランス。
ドイツ軍と連合国軍が西部戦線で対峙する中、イギリス軍兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)に、ドイツ軍を追撃しているマッケンジー大佐(ベネディクト・カンバーバッチ)の部隊に作戦の中止を知らせる命令が下される。
部隊の行く先には要塞化されたドイツ軍の陣地と大規模な砲兵隊が待ち構えていた。

先日行われたアカデミー賞で撮影賞など3部門を受賞した作品。
全編をワンカットに見せる映像手法で戦場のシーンを再現している事にも気になったので劇場鑑賞する事にしました。

ドイツ軍との戦いが繰り広げられている中、イギリス軍の2人の若い兵士に、退却したドイツ軍を追撃中の舞台への伝令が命じられる。
その伝令とは翌朝決行の作戦の中止。
ドイツ軍は退却と見せかけて、実は陣形を固めて待ち構えていた事がわかった為。
作戦を止めないと1,000人以上の兵士の命が危ない。
そして、2人は走り出します。

目的地まで辿り着くのに数々の困難が2人を待ち受けます。
人や動物の死骸や崩壊した建物、ゴーストタウンのような街並みなど、まるで地獄にでも彷徨っているかのような感覚。
そこは戦場なのだという臨場感も映像だけで伝わってくるようでした。

結局、マッケンジー大佐への伝令が間に合って作戦は中止になる事が決まります。
でも、戦争は終わらないまま、この映画は終わります。
エンドロールの字幕が流れた瞬間に、自分は映画館にいるのだという現実を感じました。
ちなみにマッケンジー大佐のファーストネームはジョージなのでしょうか?

映画の冒頭と終幕の景色は同じようで違う。
それは主人公・スコフィールドが多くの修羅場をくぐり抜けてきた事にもよるのでしょう。

これまで、いろいろな戦争映画を鑑賞してきましたが、ここまで主人公目線で一緒に走って逃げ続ける作品は初めて。
今まで観てきた戦争映画以上に戦場に身を置く事への恐怖を味わったし、観客をも道連れにさせる敵地への決死行は息を呑むシーンの連続でした。
改めて、戦争なんてロクなもんじゃないという事を実感します。

この記事へのコメント

2020年02月19日 22:59
『プライベート・ライアン』も戦争映画の歴史を変えた作品でしたが、こちらは戦争映画の見せ方の歴史を変えた作品でしたね。
カメラの高さを自由に変えながら、まるで主人公に付きまとうように周囲をウロウロするような手法は素晴らしいの一言でしたよ。
FREE TIME
2020年02月19日 23:24
 >にゃむばななさん
すみません・・・。
「プライベート・ライアン」は未見です。
今まで多くの戦争映画を観てきましたけど、ここまで戦場目線で流した作品はなかったかと思います。
あのカメラワークは、まるで日本の民放テレビ局がやるような「追跡カメラマン」みたいでした。