新型コロナ 国内で初の死者

日本でも感染が拡大されていた新型コロナウィルス。
今日、日本国内で初めての死者が出た事が発表されました。

厚生労働省は13日、新型コロナウイルスに感染した神奈川県に住む80歳代の日本人女性が死亡したと発表した。感染者の死亡が確認されたのは日本国内では初めて。東京都、和歌山、千葉両県でも新たに感染者が確認された。この4人はいずれも直近の中国への渡航歴はないといい、同省は行動歴や接触者の情報収集を進めている。
中国本土を除けば、感染者の死亡はフィリピン、香港に続いて3例目となる。
同省によると、神奈川県の女性は1月22日から倦怠感があり、2月1日に肺炎と診断され、医療機関に入院した。6日に呼吸症状が悪化して別の医療機関に転院後、12日にさらに症状が悪化し、13日に死亡した。中国への渡航歴は確認されていないが、感染が疑われたため検査を行った結果、死亡後に陽性反応が確認された。同省はウイルス感染と死亡との因果関係を調べている。
また、東京都に住む70歳代のタクシー運転手の日本人男性の感染も確認された。関係者によると、この男性は、神奈川県の女性の親族だという。男性は1月29日に発熱し、医療機関を受診。2月3日に肺炎と診断された後、13日の検査で陽性とわかった。男性は都内で個人タクシーを営んでいるという。男性は6日から入院している。(読売新聞)

次々と国内でも感染者の情報が連日ニュースで報じられていますが、とうとう死者が出てしまう事に。
このままでは犠牲者が出るだろうとは思っていましたが、実際に出てしまうと、何だか怖くなります。

今日、新型コロナウィルスに感染した4人は、いずれも中国への渡航歴はなし。
中国人との接点もないとの事なので、今やどこにウィルスが潜伏しているかわかったものではありません。

亡くなった方とは親族にあたる70代男性は、都内で勤務するタクシー運転手。
タクシーの運転手となると多くの乗客を乗せるし、乗客の体や荷物にも触ることだってあります。
ましてや70代となると高齢ですからね。

亡くなった80代女性は、タクシー運転手とは義理の母。
タクシー運転手から義母に感染したのか、或いは逆なのか。
どちらにしても身近な人から感染したのだから、家族で暮らしている人も気をつける必要があります。

それにしても、日本国内でここまで感染が拡大してしまうとは。
春節で中国人観光客が大勢来たとは言え、これ以上の感染拡大は防ぎたいですね。

この記事へのコメント