第92回センバツ高校野球出場校決定

3月19日に開幕する第92回選抜高校野球大会の出場校32校が決定しました。

出場32校は以下の通り
▼北海道
白樺学園(初出場)

▼東北
仙台育英(3年ぶり13回目)
鶴岡東(41年ぶり2回目)

▼関東・東京
健大高崎(16年ぶり6回目)
山梨学院(2年連続4回目)
東海大相模(2年ぶり11回目)
桐生第一(3年ぶり4回目)
花咲徳栄(4年ぶり5回目)
国士舘(2年連続10回目)

▼東海
中京大中京(10年ぶり31回目)
県岐阜商(5年ぶり29回目)
加藤学園(初出場)

▼北信越
星稜(3年連続14回目)
日本航空石川(2年ぶり2回目)

▼近畿
天理(5年ぶり24回目)
大阪桐蔭(2年ぶり11回目)
履正社(2年連続9回目)
智弁学園(2年ぶり13回目)
明石商(2年連続3回目)
智弁和歌山(3年連続14回目)

▼中国
倉敷商(8年ぶり4回目)
鳥取城北(8年ぶり2回目)
広島新庄(6年ぶり2回目)

▼四国
明徳義塾(2年ぶり19回目)
尽誠学園(18年ぶり7回目)

▼九州
明豊(2年連続4回目)
大分商(23年ぶり6回目)
鹿児島城西(初出場)
創成館(2年ぶり4回目)

★21世紀枠
帯広農(初出場)
磐城(46年ぶり3回目)
平田(初出場)

初出場は21世紀枠含めて5校、連続出場は7校、10回以上の出場回数を誇る高校は10校。
今大会の最多出場校は中京大中京の31回目。
最も久しぶりの出場が21世紀枠で選出された磐城の46年ぶりとなります。

昨夏の甲子園を制した履正社が夏春連覇をかけて、今年のセンバツに選出。
昨夏の優勝メンバーも何人か残っているだけに、今大会でも優勝候補の一角に挙げられるでしょう。

21世紀枠では古豪・磐城が46年ぶりの出場。
センバツが行われる3月には、福島県を舞台にした話題の映画が公開されるだけに、磐城への期待も高まってきそうです。

北海道の帯広農は、昨年に放送された朝ドラ「なつぞら」のモデル校としても有名になった高校。
同じ十勝地区から白樺学園に選出されているので、両校の奮闘に期待したいです。

センバツは組み合わせ抽選会は3月13日に行われ、3月19日に開幕します。
その翌日はプロ野球も例年より早く開幕。
この時期になった時には、「球春到来」の声が大きくなっていくでしょうね。

この記事へのコメント