両横綱不在の初場所観戦

大相撲初場所は7日目。
今日は両国国技館にて初場所を観戦してきました。

白鵬、鶴竜の2横綱が途中休場。
横綱のいない大相撲観戦は、正直寂しいものがあります。
manin117.JPG
今日は朝から生憎の空模様。
昼あたりから雪が降り出してきて、非常に肌寒い日になりました。
そういう日こそ、屋内施設での観戦は助かりますね。

国技館に到着したのは13時過ぎ。
まずは昼食として、大広間に移動してちゃんこを食べました。
ちゃんこのメニューは八角部屋が提供するみそちゃんこ(300円)。
味噌の風味が非常に効いていて、豚肉や野菜など具材も豊富。
何より寒い日に温かいものを食べられる事が何より良かったです。
hakkakumisocyanko.JPGの後は、国技館内の施設を一回り。
そして、十両の取り組みに入ってから、購入したイス席に座って相撲観戦を楽しみました。
十両の取り組みで、かつて幕内上位で相撲を取っていた力士の姿を見て、大相撲界の弱肉強食ぶりを目のあたりにしました。

十両の取り組みも終わり、幕内力士の土俵入り。
その後の横綱土俵入りは、2横綱の休場により行われず。
やはり、横綱の土俵入りが見られないのは残念です。
nishigata.JPG
higashigata.JPG
中入り後の取り組みも、見応えがありました。
2階席からも体と体がぶつかり合う音が、よく聞こえたし、投げの打ち合いや土俵際の攻防など、さすが幕内力士同士の相撲は迫力があります。

6日まで全勝だった正代が、大関・豪栄道に敗れて初黒星。
7日目にして全勝の力士がいなくなりました。
今場所はカド番で、6日目まで2勝4敗と後がない豪栄道ですが、大関の意地を見せてくれました。

その他の注目力士では2横綱1大関を破った遠藤が1敗をキープ。
大関の貴景勝も1敗をキープし、1敗の力士が照強、徳勝龍を入れて5人。
2敗の力士も5人と優勝争いも熱を帯びてきそうです。

昨年に続いての大相撲観戦でしたが、やはり生で観る相撲は迫力があります。
次に観戦する時は、もっと近い席で観たいですね。

この記事へのコメント