高校サッカー 静岡学園が2回目の優勝

第98回全国高校サッカー選手権大会決勝。
静岡学園が3-2で青森山田に逆転勝ちして24大会ぶり2回目の優勝を決めました。

成人の日恒例となった全国高校サッカー選手権大会決勝。
今年の高校サッカー選手権大会の決勝カードは青森山田(青森)vs静岡学園(静岡)。
青森山田が勝てば昨年に続いての優勝で、いわゆる選手権連覇、静岡学園が勝てば24大会ぶり2回目の優勝で単独優勝としては初めて。
令和最初の高校サッカー選手権大会を制するのは、どの高校か?
私も決勝戦の試合会場となる埼玉スタジアムまで足を運びました。
aomorivsshizuoka.JPG
試合は、前半10分に青森山田がセットプレーから藤原選手がヘディングシュートを決めて先取点。
33分には相手GKのファールで獲得したPKを武田選手が決めて追加点。
2点を追いかける事になった静岡学園は、前半終了間際に1点を返して1点差にしてハーフタイムへ。

後半に入ると静岡学園が主導権を握る展開。
そして、後半16分に加納選手のゴールが決まって同点。
2点差を追いついた静岡学園は、40分にセットプレーから中谷選手が、この試合2点目となるゴールを決めて逆転。

2点差を逆転された青森山田は、ロングスローを用いて同点狙いに行くが、静岡学園がリードを守り切って試合終了。
この瞬間に静岡学園の24大会ぶり2回目の優勝が決定。
前回の優勝は鹿児島実との両校優勝だったので、単独での優勝は初めて。
静岡県勢としての優勝も前回の静岡学園以来。

青森山田は昨年に続いての選手権連覇と、プレミアリーグとの二冠を狙いましたが、惜しくも及ばず。
それでも準優勝に輝きました。
shizugakuv.JPG
shizu3-2ao.JPG
浦和レッズに入団が内定している青森山田の武田選手。
一方、鹿島アントラーズに入団が内定している静岡学園の松村選手。
それだけでも青森山田に勝ってほしい気持ちが強くなるのですが、そこは高校生の大会。
中立的な立場での観戦に努めていました。

ここまで5試合で無失点の静岡学園相手に前半で2点を取った時は、さすが青森山田だと思いました。
静岡学園も、前半に2点を先制されながらも、前半の内に1点を返し。後半には2点を取った逆転。
選手権大会の決勝戦で2点差をひっくり返したというのは、過去にもあったのでしょうか?
いずれにしても静岡学園の見事な逆転勝ちでした。

青森山田は準々決勝、準決勝と後半は相手に押されていましたが、決勝戦でも後半になると静岡学園に押されっ放しでした。
武田君も後半はほとんど見せ場はなかったし。
前半の内に1点を返された事で、相手に勢いを与えてしまった部分もあったかと思います。

高校サッカーの選手権は、2015年から決勝戦を埼玉スタジアムで開催しています。
国立競技場が完成した事で、次回大会からは会場を国立競技場に戻すのでしょうか。
個人的には、日本最大のサッカー専用スタジアムである埼スタでの決勝戦を継続してほしいけど、交通のアクセスなどインフラ面を考慮すると、やはり次回大会から国立に戻すのかなと見ています。

静岡学園高校24年ぶりの選手権優勝おめでとうございます。
令和最初の選手権優勝校にふさわしいチームでした。
vshizu.JPG

この記事へのコメント