合意なき決定

来年に開催される東京オリンピックのマラソンと競歩の競技会場が札幌へ移転される事が正式に決定。
残り1年切った中で、今から確りとした準備が札幌市に出来るのでしょうか?

東京都の小池百合子知事は1日の会見で、これに先立つ4者協議の場で、東京オリンピック(五輪)のマラソン・競歩会場が、札幌に変更されたことを受けて「東京都は開催地変更に同意をすることはできない。現在も東京での実施が最善だと確信している」と訴えたと述べた。
「合意なき決定であります」と、強調した。
「合意なき決定」の言葉の意味については「最後の最後まで交渉ごとは続いた。移転そのものにすんなり合意ということは、難しい。一方で、大会成功について妨げることはない。この両方で、『合意なき決定』という言葉に集約させてもらった」と述べた。(日刊スポーツ)

今回、札幌に急遽競技会場が変更になったきっかけは先日行われたドーハでの世界陸上。
マラソンや競歩で暑さによる途中棄権が相次いだ事で、IOCが危機感を持ち、東京よりも気温が5℃低い札幌に変更を決めたとの事。

尚、その決定にはJOCと札幌市に話をしていて、肝心の東京都には一切の相談なし。
小池知事も怒りを隠せないのがコメントからも感じ取ることが出来ました。

オリンピック開催まで、残り1年切った中での現場無視とも言える独断での決定。
9月に五輪本番と同じコースで代表者を決めたMGCは一体なんだったのか。
暑さ対策で道路を工面してきたりしたのは何だったのか?
そして、マラソンのチケットを購入した人は、どうすればいいのか。
IOCは、こういった事を考慮して札幌に変更したとは到底思えません。

オリンピックのマラソンは、開催地の観光名所をコースに含めたりして、その都市の魅力をアピールする場でもあると思います。
実際に、これまでのオリンピックのマラソンでも有名な観光名所を走っていましたし。
東京にしても浅草や銀座と言った観光名所がコースに入っているし、東京をアピールする絶好の機会だった筈。
それを奪われたのだから、東京都側も面白くないでしょう。

北海道だって、今年の夏は暑かった。
札幌は東京に比べて日の出が早く、日陰も少ないと言われています。
結局、東京と大して変わらなかったなんて事もありえそうです。

近年は立候補都市が減少していると言われているオリンピック。
東京の後も2024年・パリ、2028年・ロサンゼルスと信任投票で決まっています。
今回のIOCの横暴ぶりを露呈した事で、そのうち、どこも立候補しなくなるかもしれないですし、もし、そうなったとしても自業自得です。

いずれにしても、もう決まってしまった事。
既に内定をもらっている選手も気持ちを切り替えて本番に向けて調整を続けてほしいです。




この記事へのコメント