長崎グルメ日記

今回は9月の長崎旅行におけるグルメネタを更新します。

吉宗・御一人前
yossou.JPG
長崎では江戸時代に創業された老舗の和食料理屋。
吉宗と書いて「よっそう」と読みます。
長崎市内に到着した時は正午を過ぎていたので、昼食は、ここで食べる事にしました。

旅行雑誌などでも茶碗蒸しが有名ですが、茶碗蒸し定食だと量も多いし値段も高い。
茶碗蒸し単品でも味がないので、量も値段もお手頃な御一人前(1,350円)を注文。
尚、1.350円は増税前の値段で、公式HPによると、今は1,375円に値上がりしているようです。

茶碗蒸しと蒸し寿司がセットになった一番人気のメニューで、夫婦茶碗ならぬ夫婦丼ですね。
茶碗蒸しは魚の出汁が舌に染みて、卵の風味も味わう事が出来ます。
何だか玉子のスープって感じですね。
蒸し寿司は、錦糸卵・さくらでんぶ・穴子のそぼろの3種類の具が彩りを与えてくれています。

思案橋ラーメン・爆弾ちゃんぽん
sianbasiramen.JPG
長崎の繁華街である思案橋にあるラーメン屋。
福山雅治が長崎に帰省する際に、必ず立ち寄る店という事でも有名です。
店内には多くの芸能人のサインや写真が飾られています。

店の中に入るとにんにくの匂いが充満していて床も油でツルツルしています。
おまけにトイレが店の外にありますw
他の客も賑わっていましたが、当店の名物である爆弾ちゃんぽんを注文。(値段は忘れました)

原爆が落とされた長崎で「爆弾ちゃんぽん」なんてネーミングはどうかと思いましたが、何が爆弾かというと、ちゃんぽんにニンニクを絡めたラードの固まりが乗っていますが、このラードの固まりが「爆弾」の由来だそうです。
これをスープに溶かしながら食べる事で、濃厚なちゃんぽんを味わえるのが狙いだとか。
別にラードが乗っていなくても、豚骨ベースのスープにたっぷり野菜を添えていて普通に味わえます。
ただ、思っていた程の味ではなかったというのが正直な気持ちです。

レッケル・トルコライス
lekker.JPG
グラバー園近くにある小さなカフェレストラン。
サッカー日本代表の吉田麻也選手が命名&デザインプロデュースをしたとの事です。

店の中に入ると吉田選手のサインや所属していたチームのユニフォームが飾られていて、吉田選手が所属していなかったチームのユニフォームも壁や天井に飾られていました。
浦和レッズもありましたよ。
ここでは、長崎名物であり、当店の看板メニューでもあるトルコライス(890円)を注文しました。

トルコと関連があるのかは不明ですが、トルコライスとはピラフ、ナポリタン、ドミグラスソースのかかった豚カツで組み合わせた洋食。
こちらの店でも、オーソドックスなトルコライス。
ピラフとスパゲティーナポリタンとトンカツ。オーソドックスながら、それぞれちゃんと美味しい本格的なトルコライスでした。
カツは薄目の肉を使用していて、衣はサクッとしていて、ソースを加えた味付けも良好な食感です。
スパゲティ、ピラフもあっさりとした味わいが特徴的。
小さい店ですが、なかなか美味しいトルコライスを提供していただけて、大変満足でした。

この記事へのコメント