2年ぶりACL制覇ならず

ACL決勝第2戦。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてアルヒラルとの対戦。

前回のアウェーゲームでは1-0で敗戦。
負けた事は勿論だが、内容でも圧倒されての完敗。
しかし、1点差で終えた事で、ホームゲームで逆転勝ちの可能性あり。
自分も2年ぶりの歓喜を味わうべく埼スタへ足を運びました。
uraaru1124.JPG
金曜日から断続的に降り続いた雨も、昼間には止みました。
雨が止んだのを見計らって埼スタに向かいました。

スタメンは累積明けのGK・西川選手がスタメン復帰。
他のフィールドプレーヤーは、第1戦と変わりなし。

試合前には恒例のビジュアルを敢行。
ゴール裏だけでなく、メインスタンドとバックスタンドからも鮮やかなビジュアルを見る事が出来ました。
ちなみに南側は、どんなデザインだったのでしょうか?
visual1124.JPG
main1124.JPG
bag1124.JPG
試合は、立ち上がりにレッズがゴール前でシュートを積極的に撃つなど、アウェーゲームとは違って攻勢に出る事も多いがゴールには至らず。
一方で、相手の速攻に苦しみながらも必死に防いで、前半は両チーム無得点で後半に折り返し。

後半に入ると、終始アルヒラルのペース。
何度か決定的な場面を作られるが、GK・西川選手の好守もあって0-0の展開が続く。

そして、後半29分にアルヒラルが先取点。
レッズが逆転勝ちするには、3点取らないといけない展開に。
レッズは攻撃の形すら作れずに、後半ATにダメ押し点を奪われて勝負あり。

アルヒラルが2-0で浦和レッズに勝利して、2戦合計3-0の完勝でACL初優勝。
一昨年に悔しい思いをした埼玉スタジアムで、今度は歓喜を味わう事になりました。
逆に、浦和レッズは史上初のACL3回目の優勝はならず。

試合前のスタメンはGK以外は変わっていなかった事から厳しい戦いになるとは思っていましたが、終わってみればアウェーゲームの時と戦い方も変わっていませんでしたね。
正直、アルヒラルとの力の差は歴然でした。
alhiraru2-0reds.JPG
akhiraeuv.JPG
攻撃は興梠選手頼みでしたが、その興梠選手にボールが渡らない。
後半はファブリシオ選手とポジションチェンジしましたが、効果がなかったですね。
あと関根選手が海外で通用しなかった理由も、この2試合でよくわかりました。
ドリブルは封じられ、守りでも相手に簡単に吹き飛ばされるし。
だからと言って代わりが務まる選手がいなかったのも事実。
アジアを制する選手層ではなかったですよ、

これまで対戦した中国や韓国のチームは個の力を前面に出して、組織としては今一つでしたが、今回のアルヒラルは個の力も組織力も申し分ありませんでした。
今季、レッズがリーグ戦で歯が立たなかったマリノスみたいなサッカーをしていた印象です。

決勝戦で敗れはしましたが、ACL決勝までコマを進めたレッズの選手、監督には感謝の気持ちです。
正直、今季のレッズがここまで勝ち進めるとは思っていませんでした。

さて、気持ちを切り替えて、この後はリーグ戦2試合が残っています。
レッズの次の対戦相手は、アウェー・味の素スタジアムで2位・FC東京との対戦。
相性のいい相手だが、現状は明らかに相手が格上。
何としても残留して来年もJ1で戦いたいです、

この記事へのコメント

2019年11月25日 06:18
何時もお世話になっております。

今季の浦和の戦力を考えればよくACLの決勝に辿り着いたという状況だったと思います。やはり来季は世代交代をしていくシーズンになる事は確実だと思いますのでまず得点力ある外国人FWと柏木の後継者となる司令塔、DMFに軸となる選手の獲得及び育成が必要になるでしょうね。

J1に残留すればルヴァン杯で若手を使う機会に恵まれるのでそこで強化する選手を決めて行った方が良いですし、改めて今後浦和はどういう戦い方をしていくのか真剣に考えないと再建も厳しいのは間違いありません。毎年世代交代しているクラブもありますが、世代交代は難しいだけに浦和にとって最大の急務になっていくと思います。
2019年11月25日 08:59
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。第1戦の内容から当然厳しい戦いが想定されていました。でもそれをホームの雰囲気で吹き飛ばしたいところでしたし、それが出来ると信じていましたが・・・しかし、現実はますます厳しかったですね。2年前より更にパワーアップした相手に、レッズはアウェー同様ホームでも、殆ど何も出来ないまま終わってしまいましたね。完敗の完敗でしょう。悔しいですが、これだけ力の差を見せ付けられてしまっては仕方ないです。

気持ちを切り替えて、残り2試合、J1に生き残る為の戦いに集中ですね。
FREE TIME
2019年11月25日 21:47
 >PGM21さん
お世話になっております。
正直言うと、決勝戦まで勝ち進めるとは思っていませんでした。
来季はACLがない分、国内のみでの戦いとなりますが、まずは残留を決めない事にはどうにもなりません。
外国人FWとなると新潟さんのレオナルド選手の獲得に動くのではないかと言う話が出てしますし、司令塔候補となると青森山田高校から武田選手が加入しますが、いかんせん、高卒ルーキーには重荷を背負わせるわけにはいかないですね。
現状、期待の若手は橋岡選手程度なので、そこをどう底上げしていくかが低迷からの脱却となっていきそうです。
FREE TIME
2019年11月25日 21:51
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
2年前と同じ相手でしたが、チームとしては見違えるほどに強くなっていましたね。
Jリーグでも、あれほどの強いチームはいないと思います。
これからはリーグ戦残り2試合に集中ですね。
自分も残り2試合は参戦するので、何とか次のFC東京戦で残留を確定させたいです。