アウェーでも金曜日に勝てず

Jリーグ第30節。
浦和レッズは、アウェー・カシマスタジアムにて首位・鹿島アントラーズとの対戦。

リーグ戦も残り4試合。
中2日で挑む、今日の相手は首位を走る鹿島アントラーズ。
今季の金曜開催は全敗だが、全てホームゲームなので、アウェーで最低でも勝ち点1が欲しい試合。

スタメンでGKに福島選手をJ1では初スタメンで起用。
柏木選手も2ヶ月ぶりにスタメン復帰。
FWでは興梠選手がベンチスタート。

試合は、前半は両チームともに大きな見せ場がないまま無得点で後半へ折り返し。
後半になっても0-0の状態が続いたが、後半27分にアントラーズがゴール前の混戦から、シュートを防いだこぼれ球を途中出場のセルジーニョ選手が決めてアントラーズが先取点。

レッズは先制された直後に興梠選手を投入して流れを変えようとするが、1点が遠く。
逆に大槻監督が相手選手を突き飛ばしてしまい一発退場・・・。
結局、試合は1-0で鹿島アントラーズが浦和レッズに勝利し、首位をキープ。
他のチームより2試合多いレッズが順位こそ9位だが、勝ち点を積み重ねる事が出来ずに残留争いから抜け出す事が出来ませんでした。

魔の金J。
結局、アウェーでもジンクスを覆す事が出来ず。
明日の試合では他力本願をしなければならない程、サポとしては苦しい心境です。

ACLを睨んで福島選手をリーグ戦初スタメン。
1点は失いましたが、直前のシュートを防いだりするなど初出場にしては上出来でした。
逆に、他のJ1クラブに目をつけられたかも(汗)

柏木選手も久しぶりの試合でしたが、ゲームメイクはしていたし、セットプレーも可能性を感じさせてくれるなど、やはり彼がいるといないとでは攻撃の形も違ってくる事を実感しました。
それに比べてスタメンで起用されたFW2人は論外。
特に杉本選手はやる気以前の問題ですね。
そんな選手を高値で獲得したGMの更迭がマストでしょう。

また、相手選手にも問題があったとは言え大槻監督の行動は擁護できません。
一番冷静であるべき監督が興奮してどうするの?
リーグ戦は残り3試合ですが、場合によっては残りのリーグ戦は監督不在で戦うなんて事にもなりそうです。

レッズの次の試合は来週の火曜日。
ホーム・埼玉スタジアムにて川崎フロンターレとの対戦。
今度はレッズ中3日、フロンターレ中2日と試合間隔で言えば、ほぼ同じ条件で戦えるのだが、蓄積もあるのでレッズが不利な状況には変わらないでしょう。
大槻監督不在で臨みますが、誰が指揮を執るのか不安でもあります。

最後に鹿島国まで駆け付けたサポの皆様、お疲れ様でした。
今季は行けなかった分、来季は鹿島国へ行けるようにする為にも、何としても残留したいです。

この記事へのコメント

2019年11月02日 19:20
こんばんはです。
このメチャクチャな過密日程、一応考えられるだけの選手を入れ換えたとは思いますが、やはりベストには程遠いメンバーで勝てるほど鹿島は甘くなかったですね。
それにしても杉本とファブリシオの出来が実に良くなかったですね。特に杉本は本当にFWかと疑問符が付くくらい得点の匂いが全く無く、まあこれは今さらではありますが、全くフィットしていないのは明白だと思います。やはり興梠の存在が大き過ぎな部分もあるのでしょうけれど・・・。

組長退場は仕方がないので、反省してもらって、割り切って川崎戦に臨むしかないですね。これも試練のひとつと思って、前を向いて行くしかありませんね。
FREE TIME
2019年11月02日 20:56
 >うえさん
こんばんは。
到底ベストとは言えないメンバーで戦える程、鹿島は甘くなかったですね。
ファブリシオは枠に行かないシュートばかりだし、杉本は何をしたいのかわからないくらい存在感がないしで、興梠・武藤の存在感の大きさを感じます。
大槻監督の行動は論外ですが、監督不在で次の試合に臨まないとならないので、今度はホームなので勝ち点3を獲得して残留争いから抜け出すとともに、ACLに弾みをつけたいです。
2019年11月03日 12:10
何時もお世話になっております。

鹿島の守備の堅さはこれだけ怪我人が多くても首位にいるベースである事を思い知らされた試合でした。

大槻監督の退場は判定による抗議のし過ぎによる退場ならまだ庇えますが誰が主審でもレッドカードを提示される行為だっただけに1試合で済まない可能性が高いですね。残り試合最悪リーグ戦は上野ヘッドが代行する事になる可能性もあります。

やはり柏木がいるといないではゲームコントロールが違う事がハッキリしたので2シャドーより2トップ柏木トップ下の方が機能するのではないかと感じます。

幸い対象クラブの多くが勝ち点を積み重ねられなかったので勝ち点1でも次の試合は獲る気持ちで挑んでほしいと思います。
FREE TIME
2019年11月03日 23:05
 >PGM21さん
シーズン途中での移籍や怪我人が多いのに首位に立てる鹿島の強かさを感じましたね。
ホームでは追いつけたけど、アウェーではそうはいきませんでした。
大槻監督は1試合のみの出場停止のようで、33節からは再び指揮を執るそうです。
勝ち点はともかく15位以内は確保しておきたいです。