東京・タイガースが踏みとどまる 所沢・ホークスが3連勝で一気に王手

クライマックスシリーズ最終ステージは3戦目。
セ・リーグは東京ドームで、パ・リーグはメットライフで、それぞれ行われました。

阪神7-6巨人
ジャイアンツが連勝して一気に王手をかけて臨む第3戦。
ジャイアンツがストレートで6年ぶりの日本シリーズ進出を決めるか。
後のないタイガースが踏みとどまるか。
先発はジャイアンツ・戸郷、タイガース・青柳の両投手。

試合は3回表にタイガースが梅野選手のソロホームランで今ステージで初めて先制するが、その裏にジャイアンツに3点を取られて逆転されて、4回にも陽選手のソロホームランで3点差に広げられてしまう。

後のないタイガースは5回表に無死から3連続四死球で無死満塁のチャンス。
ここでジャイアンツベンチは4回から登板した桜井投手を諦めて高木投手を起用したが、タイガース打線が2本のタイムリーで2点を返し1点差として、尚も二死満塁と一打逆転のチャンスで近本選手が走者一掃のタイムリー三塁を打って6-4と逆転。
しかし、その裏に代わったドリス投手が岡本選手に2ランホームランを打たれて、たちまち同点に。
試合は6-6のまま、試合も終盤へ。

タイガースは8回裏のマウンドに藤川投手を起用し三者凡退に。
そして、藤川投手の力投に打線が応えて、9回表に大山選手がライトスタンドに飛び込む勝ち越しホームラン。
この1点のリードを9回のマウンドも任された藤川投手が三者凡退に抑えて試合終了。

タイガースが総力戦の末に7-6でジャイアンツに逆転勝利。
これで対戦成績はジャイアンツの3勝1敗となりました。

明日の第4戦は台風19号接近の為に中止を発表。
明後日の日曜日に順延となりますが、試合開始時刻は当初の14時から15時30分に変更。
今度こそジャイアンツが日本シリーズ進出を決めるか、それともタイガースが2たび踏みとどまるか。
第4戦は私も東京ドームで観戦するので、ここで決めてほしいですね。

福岡ソフトバンク7-0埼玉西武
ここまでホークスが打撃戦を制して2連勝。
ライオンズはアドバンテージの1勝があるので、トータルの対戦成績は2勝1敗。
ライオンズが巻き返して対戦成績を五分に戻せるか。
先発はライオンズ・十亀、ホークス・千賀の両投手。

試合はホークスが初回に中村選手のタイムリーで先制し、これで3戦連続1回表に先取点。
2回にも牧原選手の2点タイムリーで序盤で早くも3点のリード。
2回にタイムリーを打った牧原選手は4回にも2ランホームランを打って点差を5点に広げる活躍。

ホークスの先発・千賀投手は、ライオンズの強力打線を相手に力でねじ伏せる投球。
前回の第1ステージ初戦とは打って変わるピッチングで、8回を投げて2安打10奪三振無失点の好投。

9回にも決定的な2点を追加したホークスが7-0でライオンズに快勝して3連勝。
これでトータルの対戦成績を3勝1敗として、3年連続日本シリーズ進出に王手をかけました。

ここまでホークスがライオンズを圧倒しての3連勝。
ライオンズは昨年同様に投手力の弱さが短期決戦では命取りになってしまっています。
もう、このまま昨年の二の舞になるのは確実でしょう。

第1ステージでは4本塁打を打たれた千賀投手も、この日が圧巻の投球。
これでエースという投球でしたね。

パ・リーグもセ・リーグ同様に第4戦は台風接近の影響で中止を発表。
果たして、ライオンズにとっては恵みの雨となるのでしょうか。

この記事へのコメント