東京・ジャイアンツが王手 所沢・ホークス連勝で一歩リード

クライマックスシリーズ最終ステージは2戦目。
セ・リーグは東京ドームで、パ・リーグはメットライフで、それぞれ行われました。

巨人6-0阪神
初戦はジャイアンツが制してアドバンテージ含む2勝0敗としたジャイアンツ。
2戦目も制して一気に王手をかけるか、それともタイガースが一矢報いるか。
先発はジャイアンツ・メルセデス、タイガース・高橋の両左腕投手。

試合は初回にジャイアンツが無死一、三塁から丸選手の併殺打の間に1点を先制。
4回にはゲレーロ選手が、3回から登板したタイガースの2番手・ガルシア投手から2ランホームランを打って追加点。
5回にもダブルスチールを絡める攻撃で2点を追加し、8回にはダメ押しとなる1点が入って計6得点。

ジャイアンツの先発・メルセデス投手は抜群のコントロールでタイガース打線を相手に7回まで投げて3安打無失点の好投。
その後も8回・大竹、9回・デラロサと繋いで、ジャイアンツが6-0で勝利。
これで、アドバンテージを含む3勝として、日本シリーズ進出まで、あと1勝としました。

第3戦の予告先発はジャイアンツ・戸郷、タイガース・青柳の両投手。
第4戦は台風接近の影響で中止が発表。
しかし、ジャイアンツが明日も勝てば第4戦はありません。
菅野投手が登板回避した事で戸郷投手にチャンスが巡ってきましたが、この大舞台で、自分のピッチングがどこまで出来るのか注目ですね。

福岡ソフトバンク8-6埼玉西武
昨日はホークスが終盤に逆転勝ちして対戦成績を五分に。
果たして昨年と同じ結果になるのだろうか?
先発はライオンズ・今井、ホークス・武田の両投手。

試合はホークスが初回と2回に1点ずつ取って2点を先行。
3回には中村選手の2ランホームランなどで4点を取って、ライオンズの先発・今井投手をKO。
4回にも1点を追加して前半で早くも7点リード。

7点を追いかけるライオンズは4回に外崎選手にソロホームラン。
5回には3点を返して3点差に詰め寄る。

6回にホークスが1点を追加して、再び点差が開いたが、ライオンズは7回と8回に1点ずつ返して2点差に詰め寄り最終回へ。
ホークスは8回途中から抑えの森投手をマウンドに。
回跨ぎとなった9回のマウンドでも先頭打者を四球で出したが、後続を抑えて逃げ切り。

4時間超の長い試合は、ホークスが8-6でライオンズに勝って連勝。
これで対戦成績を2勝1敗とリードして3年連続日本シリーズ進出へ、あと2勝としました。

第3戦の予告先発はライオンズ・十亀、ホークス・千賀の両投手。
セ・リーグ同様にパ・リーグも土曜日の第4戦は台風接近の影響で中止を発表。
こちらは第4戦が行われる事が決まっているので、明日は総力戦になりそうですね。

この記事へのコメント