東京・ジャイアンツが先勝 所沢・ホークスが勝ってタイに

今日からクライマックスシリーズ最終ステージがスタート。
セ・リーグは東京ドームでジャイアンツvsタイガース、パ・リーグはメットライフでライオンズvsホークスの対戦カード。

巨人5-2阪神
レギュラーシーズン最終盤で6連勝して大逆転でCS進出を決めて、第1ステージでもベイスターズを2勝1敗で制して東京に乗り込んだタイガース。
5年前と同様にジャイアンツを下して日本シリーズ進出を果たせるのか。
先発はジャイアンツ・山口、タイガース・望月の両投手。

試合は初回にジャイアンツが二死から丸、岡本両選手の連続ホームランで2点先制。
2回には亀井、坂本両選手の連続タイムリーで3点を追加して序盤で早くも5点リード。

ジャイアンツの先発・山口投手は4回二死まで一人の走者も出さない完璧な投球だったが、福留選手に初安打を打たれてから満塁にしてしまい、暴投で1点を献上。
尚も満塁のピンチを背負ったが、ここは1失点で食い止める。
山口投手は8回途中まで投げて1失点の好投。

逃げ切りをはかるジャイアンツは、9回のマウンドにデラロサ投手を起用するが、連打と四球で二死満塁のピンチを背負い、北條選手に押し出し四球を与えてしまい、ここで降板。
代わった田口投手は後続を抑えて5-2でジャイアンツが勝利。
これでアドバンテージを含む2勝をし、日本シリーズ進出まで、あと2勝としました。

第2戦の予告先発はジャイアンツ・メルセデス、タイガース・高橋の両左腕。
高橋投手は第1ステージ3戦から中3日での登板ですが、早々に下がっているので、中3日は影響なさそうですね。
タイガースに相性のいいメルセデス投手の投球もカギになりそうです。

福岡ソフトバンク8-4埼玉西武
2年連続同じカードとなったパ・リーグ最終ステージ。
昨年は2位・ホークスが制して、その後2年連続日本一に輝きました。
先発はライオンズ・ニール、ホークス・和田の両投手。

試合は初回にホークスが松田選手の2点タイムリーで先制。
先取点を許したライオンズは3回に中村、外崎両選手の連続タイムリーで3点を取って逆転。
6回には山川選手のタイムリーで貴重な追加点。

2回以降はライオンズの先発・ニール投手に無得点だったホークスは、7回にグラシアル選手のホームランで1点差。
8回には継投策に入ったライオンズ投手陣から二死一、三塁として、ホークスベンチは内川選手の打席で長谷川選手を代打で起用。
この起用に長谷川選手がタイムリーで応えて同点に追いつき、その後もバッテリーエラーで逆転。

9回に貴重な3点を追加したホークスは、その裏のマウンドを森投手が三者凡退で締めて試合終了。
ホークスが8-4でライオンズに逆転勝利。
これで対戦成績を1勝1敗のイーブンに戻しました。

第2戦の予告先発はライオンズ・今井、ホークス・武田の両投手。
ニール投手を立てて落としてしまったライオンズが今井投手で再び対戦成績をリードできるか。
何だか、昨年と同じ結果になりそうな気がしています。

この記事へのコメント