イングランドが3大会ぶり決勝進出 ニュージーランドは3連覇ならず

ラグビーワールドカップ2019日本大会準決勝。
横浜国際競技場にてイングランドvsニュージーランドが激突。

大会史上初の3連覇へ向けて、ここまでグループリーグから負けなしの王者・ニュージーランド。
対するは、ニュージーランド同様に、ここまで全勝で勝ち上がっているラグビーの祖国・イングランド。
過去の直接対決ではニュージーランドが全勝しているとの事。

試合は、開始早々にイングランドがノーホイッスルトライで先制する予想外のスタート。
その後もニュージーランド相手に鉄壁の守備で反撃のチャンスすら与えず、前半終了間際にはPGで加点し、前半はイングランドが10―0とニュージーランドを無得点に抑える完璧な試合運びへ後半へ折り返し。

後半になってもイングランドの優勢は変わらず。
後半の開始早々にもトライが決まったかと思われたが、その前にノックオンがあってノートライの判定だったが、その後でPGを決めて13点差に。

後のないニュージーランドは相手のミスから、ようやく初トライとコンバージョンを決めて6点差に迫る。
しかし、その後のニュージーランドは焦りからかミスを連発し、イングランドに2つのPGで12点差に広げられてしまい万事休す。

試合はイングランドが19-7でニュージーランドに完勝して3大会ぶりとなる決勝進出。
W杯3連覇を狙ったニュージーランドは、準決勝で姿を消すことになりました。

個人的には、もっとも優勝に近いと思っていたのがニュージーランド。
準々決勝でもアイルランド相手に大差で勝っていましたからね。
イングランドについては、準々決勝のオーストラリア戦をTV観戦していましたが、まさか、ここまでニュージーランド相手に押し気味に試合を進めるとは思っていませんでした。

やはり、試合開始早々にイングランドがトライを決めて主導権を握ったのが大きかったですね。
ディフェンスも日本がアイルランドの攻撃を封じた時と同じスタイル。
これもジョーンズHCの手腕によるものでしょうかね。

明日は、準決勝の残り1試合が予定されています。
対戦カードはウェールズvs南アフリカ。
個人的には日本に勝って南アフリカに決勝進出、そして優勝をしてほしいです。

この記事へのコメント