2019年プロ野球ドラフト会議

今日はプロ野球のドラフト会議。
今年も多くのドラマがありました。

各球団の1位指名選手は以下の通り
ヤ ク ル ト:奥川 恭伸(星稜)
オリックス:宮城 大弥(興南)
中   日:石川 昂弥(東邦)
日本 ハム:河野 竜生(JFE西日本)
広   島:森下 暢仁(明大)
ロ  ッ テ:佐々木 朗希(大船渡)
阪   神:西 純矢(創志学園)
楽   天:小深田 大翔(大阪ガス)
DeNA:森 敬斗(桐蔭学園)
ソフトバンク:佐藤 直樹(JR西日本)
巨   人:堀田 賢慎(青森山田)
西   武:宮川 哲(東芝)

競合になったのは佐々木投手、奥川投手、石川選手の高校生3人。
佐々木投手は日ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団。
奥川投手はヤクルト、阪神、巨人の3球団。
石川選手はオリックス、中日、ソフトバンクの3球団。、
この時点で森下投手の広島、森選手のDeNAが、それぞれの交渉権を獲得しました。

抽選の結果、奥川投手はヤクルト、石川選手は中日、そして佐々木投手はロッテが、それぞれ交渉権を獲得しました。
中日とロッテは昨年同様に当たりくじを引き当てました。

甲子園には出場できなかったけど全国区だった佐々木投手。
高校生の段階で160キロを記録していますが、これ程の逸材をロッテが育てて行けるのか。
心配ではありますが、是非ともマリンスタジアムのマウンドに立つ佐々木投手の姿を見てみたいです。

明大・森下投手が広島の単独指名だったのが意外でした。
広島としても、してやったりな心境でしょう。

全体的に不作と言われていた今年のドラフトですが、指名された選手の中から、将来のプロ野球を背負って立つような選手が、きっと何人か出てくるでしょう。
プロ野球という厳しい世界に挑戦する選手達が1人でも多く1軍の舞台でプレーする事を期待しています。

この記事へのコメント