継投失敗で5連敗

ペナントレースも佳境を迎えたプロ野球。
今夜は仕事帰りに東京ドームでジャイアンツvsドラゴンズの試合を観戦してきました。

マジックを点灯しながらも、先週の土曜日から4連敗中でマジックの消滅してしまったジャイアンツ。
エース・菅野投手も腰痛で登録抹消されて、2位・ベイスターズとのゲーム差も2.5。
5年ぶりのリーグ優勝へ暗雲垂れ込めている状況で、今後どうなっていくのか?

先発はジャイアンツ・桜井、ドラゴンズ・山本の両投手。
ジャイアンツは育成から支配下登録された高卒ルーキーの山下選手を初スタメンで起用。
yamashitadebyu.JPG
試合はジャイアンツが初回に二死満塁、2回に二死一、三塁のチャンスを作りながらも得点できず。
一方のドラゴンズはジャイアンツの先発・桜井投手の前にチャンスらしいチャンスも作れず。
試合は0-0のまま終盤へ。

7回裏にジャイアンツは代打・ゲレーロ選手がレフトスタンドに飛び込むホームランで待望の先取点。
その後も1点を追加して、8回から継投策へ。
geredaida.JPG
しかし、8回のマウンドに上がった中川投手が二死を取りながらも1点を失い、尚も一打逆転の場面でジャイアンツベンチはマシソン投手に交代。
マシソン投手は代わった初球を福田選手に打たれてドラゴンズが逆転。

ジャイアンツは9回に二死一、三塁と意地を見せるが丸選手が三振に倒れて試合終了。
ドラゴンズが今カード3連勝。
一方のジャイアンツは5連敗。
2位・ベイスターズも負けたのでゲーム差2.5は変わらず。
d3g2.JPG
桜井投手がチーム打率1位のドラゴンズ打線を相手に7回無失点の好投。
その桜井選手の好投に、打線がようやく応えての2点先制。
これで後は逃げ切るだけでしたが、2番手の中川投手が大誤算でしたね。

キャッチャーも炭谷選手に代わりましたが、2本のタイムリーはいずれも配球に問題ありでしたね。
まだ1軍に上げるには早かったのではないでしょうか。

タイガース、ドラゴンズと下位チーム相手に1勝5敗。
ベイスターズとの直接対決が6試合残っていて、そのうち5試合が横浜スタジアム。
まだ首位に立てていますが、アドバンテージはなくなったと言っていいでしょう。

明日から神宮でスワローズとの3連戦。
スワローズの投手陣を打ち崩せないようでは、本当に逆転優勝されてしまうと思いますよ。

この記事へのコメント