埼玉西武ライオンズがパ・リーグ連覇

最後まで混戦が続いたパリーグの優勝争い。
今年も埼玉西武ライオンズがパ・リーグを制して2年連続23回目の優勝を決めました。

昨日の時点で首位・ライオンズと2位・ホークスのゲーム差は、わずか1ゲーム。
ライオンズは、ここまでマジック2。
今夜はZOZOマリンスタジアムにて逆転でのCS進出に望みをかけるマリーンズとの対戦。
ライオンズが勝ってホークスが負ければ、その時点でライオンズの優勝が決まるシチュエーション。
先発はマリーンズ・二木、ライオンズ・ニールの両投手。

試合は2回にライオンズが打者一巡の猛攻で一挙に5点を先行し、マリーンズの先発・二木をKO。
その後も山川選手の2ランホームランなどで着々と加点し、大量12得点。

守っても先発のニール投手がマリーンズ打線を6回3失点に抑えて先発投手の役割を果たし、7回以降は継投へ。
最後は増田投手が三者凡退に抑えて、ライオンズが勝利。

仙台で行われていた試合では、イーグルスがホークスに4-2で先に勝利していた為、この瞬間にライオンズのリーグ連覇が決定。
最大8.5ゲーム差からの逆転優勝となります。

昨年は開幕8連勝でスタートし、そのまま一度も首位を渡さずに優勝を決めたライオンズ。
しかし、オフにエース・菊池投手のメジャー移籍、浅村・炭谷両選手のFA移籍など、優勝したにも関わらず主力選手の流出が盛んだったライオンズ。
シーズンに入ってからも、開幕カードでホークスに3連敗するなど昨年とは違って厳しいスタート。

しかし、オールスター以降から白星を重ね、終盤にはホークスとの一騎打ち。
直接対決を終えた時点ではホークスにマジックが点灯していましたが、そこから逆転して残り2試合で掴んだ優勝。
昨年とは違う形での優勝なので、リーム力が備わってきたと言えるでしょう。

チーム防御率は昨年同様にリーグ最下位。
その投手力の弱さをリーグ1の攻撃陣が補っての連覇。
浅村選手が抜けても、この破壊力なのだから相手チームにとっては気の抜けない打線でしょう。

ライオンズ、リーグ連覇達成おめでとうございます。
昨年はCSで敗れて日本シリーズ進出はなりませんでしたが、今年はパ・リーグ王者として日本シリーズに進出してほしいと思います。

この記事へのコメント