花咲徳栄 明石商に惜敗

夏の甲子園も6日目。
昨日から2回戦に入り、今日は2回戦4試合が行われました。

第4試合は花咲徳栄(埼玉)vs明石商(兵庫)。
今年のセンバツベスト4の明石商が、出場校でナンバー1のチーム打率を誇る花咲徳栄と対戦するという2回戦屈指の好カード。

試合は3回まで明石商の先発・中森投手にパーフェクトに抑えられていた花咲徳栄が、4回に初安打がきっかけに3連打で満塁とし、押し出しで1点を先制。
先制された明石商は5回に水上選手の2ランホームランで逆転。
6回には両校とも1点ずつ取り合って、7回表には花咲徳栄がホームランで同点に追いつくシーソーゲーム。

7回表の攻撃で先発投手の中津原投手に代打を送った関係で、花咲徳栄は7回裏の守備から継投へ。
その代わり端を明石商が見逃さずに3たび勝ち越し。

明石商の先発・中森投手は最後まで1人で投げ切って強打の花咲徳栄打線を6安打3失点に抑えて完投勝利。
明石商が3回戦に進出しました。

明石商の好投手・中森君vs花咲徳栄の強力打線が焦点でしたが、結果的には中森投手の勝利。
埼玉県大会のチーム打率4割超、1試合平均10点超の花咲徳栄打線を6安打3失点に抑えたのは流石ですね。

敗れたとはいえ花咲徳栄も強かったです。
激戦の埼玉から5年続けて出場し、今大会でも強打の片鱗を見せてくれました。
ただ、埼玉県大会では準決勝の春日部共栄戦以外は大差で勝ち上がってきた反面、あまり接戦を経験せずに勝ち上がってきましたね。
こちらも激戦の兵庫県大会を接戦の連続で勝ち上がってきた明石商との差は、こういうところだったと思います。

今日は屈指の好カードが目白押しでした。
第1試合のセンバツベスト8の筑陽学園(福岡)と9年連続出場で3年前の優勝校・作新学院(栃木)も熱戦。
2点差を追いかける筑陽学園が9回二死無走者から3連続長短打で同点に追いついて延長戦に。

延長戦では作新学院が機動力で揺さぶり2点を勝ち越し。
そのまま5-3で作新学院が勝ち上がりました。

第2試合では昨夏ベスト8の近江(滋賀)が強打の東海大相模(神奈川)と対戦。
滋賀県大会無失点の好投手・林投手を東海大相模が足で揺さぶり6得点。
滋賀県大会無失策を誇った近江の守備が6失策と乱れるなど、最後まで東海大相模の術中に嵌ってしまいました。

昨夏、悔しい思いをした林ー有馬の近江バッテリー。
成長して甲子園に戻ってきましたが、今回は初戦敗退。
それでも、いいバッテリーである事には変わりありませんね。

第3試合では中京学院大中京(岐阜)vs北照(南北海道)。
試合は1点を追う中京学院大中京が7回に一挙4点を返して逆転。

北照は8、9回と1点ずつ返して1点差に追い上げるが及ばず。
中京学院大中京が逆転勝ちで3回戦に進出しました。

満員札止めとなった6日目の甲子園。
これまでは空席が目立っていましたが、これからお盆に入るし、甲子園も盛り上がるでしょうね。
台風の進路が気になりますが、ここから更なる盛り上がりに期待したいです。


この記事へのコメント