夏のグルメ日記(2019年8月)

8月も今日で最終日。
そこで今回は、この夏に味わったグルメネタを掲載したいと思います。

ゑびす家・うな重
ebisuya.JPG
柴又帝釈天の参道沿いにある日本料理店。
昨年の大晦日にテレビ東京系列「孤独のグルメ」に登場した店でもあります。
夏の暑さ真っ盛りという事もあって、精力をつける為に葛飾区方面に用があったタイミングを利用して、この店を訪れる事にしました。

まず店内に入ると、店員の人に注文をして食券が渡されます。
そこはドラマとの違いですね。
今回、注文したもは無難にうな重(3,780円)です。

いざ食べてみると鰻はふっくらで柔らかいです。
タレは薄めでしたが、ちょうど良い甘辛加減で、ご飯についたタレも美味です。
肝吸いの方は関東風の味付けでしたね。
テレビで見たのとは店内の雰囲気が違っていましたが、それでもうな重を食べる事が出来て非常に満足です。

洋食キムラ・ハンバーグセット
yosyokukimura.JPG
JR新横浜駅に直結する駅ビル・キュービックプラザ内にある洋食屋。
横浜では有名な洋食屋で本店は野毛というところにあるとの事ですが、新横浜にも支店があります。
新横浜でサッカー観戦に向かう前に早めの夕食を食べる事に。

ここで注文したのが、看板メニューでもあるハンバーグセット(1,380円)。
写真はハンバーグだけですが、ライスやサラダも一緒についてきます。

料理は独特の貝殻状の器にハンバーグと卵が盛り付けられていて、その鉄板の中でグツグツと煮えている状態で出てくるハンバーグは牛と豚の合いびき肉を使用しているとの事です。
その端に生卵が添えられているのが、このハンバーグセットの特徴ですね。
肉は厚めながらも、柔らかく食べやすかったです。
伊達に老舗の洋食屋の看板を掲げてないですね。

斑鳩・らー麺
ikarugaramen.JPG
東京駅八重洲地下街にある「ラーメンストリート」内に店を構えるラーメン屋。
本店は市ヶ谷方面にありますが、そちらは営業時間が短いので、食べる人が多いとすればラーメンストリートにある店かと思います。

自分が訪れた時間帯は、平日のお昼過ぎ。
それでも10分ほど並びました。
並んでいる間に食券を買いますが、値段も安いので「らー麺」(780円)を注文しました。

スープはマイルドな魚介豚骨スープ。
スープは濃いけど、いざ口に入れるとあっさりしています。
麺は細めですがコシあって歯応えがあります。
またチャーシューも柔らかくて食べやすいです。
行列が出来るのも納得の味でした。

この記事へのコメント