令和最初の夏の甲子園 対戦相手が決まる

8月6日から甲子園球場で開幕する第101回全国高校野球選手権大会。
1回戦の対戦相手が決まりました。

組み合わせは以下の通り。
第1日(8月6日)
第1試合 八戸学院光星(青森)vs誉(愛知)
第2試合 佐賀北(佐賀)vs神村学園(鹿児島)
第3試合 高岡商(富山)vs石見智翠館(島根)

第2日(8月7日)
第1試合 履正社(茨城)vs霞ヶ浦(茨城)
第2試合 静岡(静岡)vs津田学園(三重)
第3試合 星稜(石川)vs旭川大(南北海道)
第4試合 秋田中央(秋田)vs立命館宇治(京都)

第3日(8月8日)
第1試合 米子東(鳥取)vs智弁和歌山(和歌山)
第2試合 明徳義塾(高知)vs藤蔭(大分)
第3試合 前橋育英(群馬)vs国学院久我山(西東京)
第4試合 敦賀気比(福井)vs富島(宮崎)

第4日(8月9日)
第1試合 花巻東(岩手)vs鳴門(徳島)
第2試合 飯山(長野)vs仙台育英(宮城)
第3試合 習志野(千葉)vs沖縄尚学(沖縄)
第4試合 高松商(香川)vs鶴岡東(山形)

第5日(8月10日)
第1試合 日本文理(新潟)vs関東一(東東京)
第2試合 熊本工(熊本)vs山梨学院(山梨)
第3試合 岡山学芸館(岡山)vs広島商(広島)

第6日(8月11日)
第1試合 筑陽学園(福岡)vs作新学院(栃木)
第2試合 東海大相模(神奈川)vs近江(滋賀)
第3試合 中京学院大中京(岐阜)vs北照(南北海道)
第4試合 花咲徳栄(埼玉)vs明石商(兵庫)

第7日(8月12日)
第1試合 宇和島東(愛媛)vs宇部鴻城(山口)
第2試合 海星(長崎)vs聖光学院(福島)
第3試合 智弁学園(奈良)vs開幕試合の勝者

開会式直後に行われる令和元年開幕試合は、八戸学院光星vs誉。
春夏通じて初めて激戦の愛知を制した誉が開幕戦のクジを引き、そして選手宣誓も誉の主将が務める事に。
開幕試合、選手宣誓と誉にとっては特別な日になるでしょう。

センバツ準優勝の習志野は、4日目の第3試合で沖縄尚学との対戦。
沖縄尚学は沖縄県大会決勝で好投手・宮城投手がいる興南を決勝で勝っての甲子園。
習志野とて一筋縄ではいかない相手ですね。

その他の注目カードを挙げると6日目の東海大相模vs近江、花咲徳栄vs明石商ですね。
春の関東大会を制した東海大相模と春の近畿大会を制した近江。
昨夏に悔しい思いをした近江のバッテリーが強打の東海大相模相手に、どのように立ち向かっていくのでしょうか。

一昨年の優勝校・花咲徳栄は、センバツベスト4の明石商との対戦。
埼玉県大会では1試合平均10点超の攻撃力で勝ち上がった花咲徳栄が、明石商の好投手・中森投手を攻略できるのか見ものです。

今年は準々決勝と準決勝、準決勝と決勝の間に、それぞれ休養日を設ける事になりました。
こういう試みは今後も必要ですね。

7月は天候不順で冷夏と言われるくらいでしたが、8月になると一転して連日の猛暑。
本大会に入ってからも暑い日が続くでしょう。
令和最初の甲子園を制するのは、どの高校か。
昨年並みに面白い大会になる事を期待していますよ。

この記事へのコメント