映画「ライオン・キング」

映画「ライオン・キング」を鑑賞しました。

この映画は、アニメーションやミュージカルなどで人気の名作を、ジョン・ファヴロー監督が実写映画化。
アフリカのサバンナを舞台に、幼いライオンが王へと成長していく姿を映し出す作品。

ストーリーは、アフリカのサバンナに君臨する偉大なる王、ライオンのムファサが息子シンバを授かり、さまざまな動物たちが誕生の儀式に集まってくる。
動物たちは、ヒヒの祈祷師ラフィキが皆の前にささげた将来の王シンバに深くこうべを垂れる。
だが、自分が王になれないことに不満を募らせるムファサの弟スカーだけは、シンバの誕生を苦々しく感じていた。

1994年にアニメで上映されたディズニー作品。
ちなみにアニメ版は観ておりません。
今回、私が鑑賞した映画館では吹替版と字幕版が上映されていますが、字幕版を選択しました。

アニメでなければ実写でもない。
手法で分類するとCGアニメーションですが、動物も自然も驚くほどリアルです。
特にサバンナの風景は実写との見分けがつきにくい程です。

そして映像のリアルさ以上に印象に残ったのがキャラクターの愛くるしさです。(一部除く)
シンバは赤ちゃんの時は勿論かわいかったが、大人になってタテガミが生えてからもかわいらしさが残っていましたね。
あれもCGだというのが信じられないくらいです。

ストーリーは全然わからないので、アニメ版との違いはわかりませんが、ミュージカル調であり、悪役も登場するディズニーらしさが詰まった作品。
悪役はシンバの父・ムファサの弟にあたりスカーですが、あんな邪悪なライオンがいるのでしょうかね?

それにしても、最近はディズニーの実写化が続々と上映されていますね。
この後も何作品か上映予定みたいですし。
これも、映像技術の進化が成せる業なんでしょう。

この記事へのコメント