タイガースを3タテして4連勝

お盆休み最終日となる日曜日。
今日は東京ドームにてジャイアンツvsタイガースの伝統の一戦を観戦しました。

この3連戦は、ここまでジャイアンツの2連勝。
2試合とも僅差の接戦だったが、3戦目はどのような試合になるのか。
先発はジャイアンツ・山口、タイガース・ガルシアの両投手。
todo818.JPG
試合は両投手の立ち上がりで投手戦の様相だったが、4回裏にジャイアンツは連打などで一死一、三塁と先取点のチャンス。
ここでスタメンに抜擢された増田選手がレフトオーバーのタイムリー三塁打で2点を先取。
その後、山口投手にもタイムリーが出て、この回3点を先制。
5回にも岡本選手が代わった浜地投手からセンターオーバーの特大ホームランを打って追加点。

ジャイアンツの先発・山口投手は5回までタイガース打線を無得点に抑えていたが、6回に1点を失い、7回にも二死から連続タイムリーを打たれて1点差となったところでジャイアンツベンチは継投策へ。
その後は小刻みな継投でタイガース打線の追い上げを振り切って、ジャイアンツが6-3で勝利。
このカード3連勝を決めて、タイガースとの直接対決勝ち越しを決めました。
okamoto23hr.JPG
今日は普段のデーゲームと違って13時試合開始。
交流戦でも13時試合開始があったので、特に戸惑うことはありませんでした。

今日のヒーローはセカンドでスタメンに抜擢された増田選手。
不調の若林選手に代わってのスタメンでしたが、打っては4回に先制2点タイムリー、走っては二盗、三盗を成功。
守っても俊足を活かした守備範囲の広さで打球を処理するなど、原監督の期待に応える働きでした。
masudadaikatuyaku.JPG
今季、育成から支配下選手に昇格しましたが、4月に1軍入りしてから一度も2軍に落ちていません。
持ち前の足の速さを武器に、これからも活躍して、チームに欠かせない存在になってほしいです。

最後に球場グルメを。
今回食べた選手弁当は小林選手プロデュースの弁当。

容器が八角形でライスにはサフランライス、鮭ごはんの2種類。
揚げ物にはチキンカツとクリームコロッケなどが入っています。

肉だけでなく魚も含まれていてバランスは良かったけど、弁当の具が細かすぎて、ちょっと食べ辛かったです。
あと揚げ物用のソースも量が多すぎでしたね。
kobayasibento2019.JPG

この記事へのコメント