習志野 2回戦で敗退

夏の甲子園も大会9日目。
2回戦残り3試合が行われました。

第2試合は習志野(千葉)vs鶴岡東(山形)。
強打の鶴岡東がセンバツ準優勝の習志野相手にどのような試合をするのか注目。

試合は2回に鶴岡東が一死一、三塁から山路が適時打を放ち先制。
その後も打線が繋がり打者一巡の猛攻で5点を先制。

いきなり5点を追いかける展開になった習志野は4回に2点を返し、7回にも1点を返して2点差に追い上げるが、8回に鶴岡東が丸山選手のホームランと河野選手の2点タイムリーで3点を追加して、再び5点差。
粘りが身上の習志野はその裏に2点を返して、再び差を詰めるが、9回に鶴岡東が丸山選手の2打席連続ホームランが出てダメ押し。

試合は鶴岡東が9-5でセンバツ準優勝の習志野に打ち勝って3回戦進出。
習志野の夏は2回戦で終わりました。

習志野は初戦に続いて山内投手を先発に起用し、飯塚投手はリリーフ待機。
初回は上々の立ち上がりでしたが、2回に四球をきっかけに急に崩れてしまいましたね。
二死から4点を取られてしまったのが、最後に響いてしまいました。

代わった飯塚投手は、代わり端の初球を打たれて失点してしまったが、3回以降は鶴岡東打線を無失点に抑えて、打線も2点差まで詰め寄りましたが、8回にホームランを打たれてしまったのが精神的に動揺を与えてしまったように見えました。

鶴岡東は昨秋の四国王者で、今春のセンバツに出場した高松商に勝ち、今度はセンバツ準優勝の習志野に勝利。
これで一躍ダークホースに躍り出ましたね。
鶴岡東の3回戦の相手は関東一(東東京)。
どちらも打線が好調だけに点の取り合いになりそうですね。

この記事へのコメント