おかえりマシソン

今日、関東地方で梅雨入りが発表され、東京も日中は大雨でしたが、今夜は仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsマリーンズの交流戦を観戦しました。

先発はジャイアンツ・メルセデス、マリーンズ・二木の両投手。
試合は3回にマリーンズが無死満塁から押し出し四球と4番レアードのタイムリーで2点を先制。
先制されたジャイアンツは4回に二死一塁から若林選手のプロ初となる2ランホームランが出て同点に追いつき、5回には岡本、大城両選手の連続タイムリーで2点を取って逆転に成功。
画像

逆転されたマリーンズは6回に無死二、三塁、7回には一死満塁と得点のチャンスに無得点。
8回にも代わったマシソン投手から一死一塁のチャンスに併殺打。
9回に中川投手から犠牲フライで1点を返したが、ここまで。

試合はジャイアンツが4-3でマリーンズに競り勝ち昨日に続いて連勝。
セ・リーグの首位・カープが敗れたので、ゲーム差は2.5に縮まりました。

過去2度の登板で連続して序盤KOされたメルセデス投手。
中5日で臨んだ今日は、相性のいい大城選手と組んでのマウンドでしたが、立ち上がりから制球が定まらず不安定な投球。
3回に普段は打席に立たない先頭の二木投手に四球を出し、ここから2失点。
でも、よく2失点で済んだのが正直な感想です。

2点で踏ん張った事で若林選手の同点2ランが出て、次のイニングで逆転に成功。
しかし、逆転してもらった後のマウンドで先頭から連打を浴びての途中降板。
勝ち投手にはなりましたが、褒められるような内容ではありませんでした。

その後は継投でリードを守り切ったジャイアンツ。
8回には、昨日のイーグルス戦で今季初登板となったマシソン投手が東京ドームに凱旋登板。
走者を出しながらも次の打者を併殺に仕留めて3人で終える投球。
昨年シーズン途中にヒザを手術し、今年になって難病を患って調整が遅れてしまいましたが、ジャイアンツにとって頼れる存在が帰ってきましたね。
画像

最後に球場グルメを。
今回食べた選手弁当は坂本選手プロデュースの弁当。

唐揚げ、チキン南蛮、鶏天ぷら、鶏すきなど鶏肉料理づくし。
鶏肉ばかりでも飽きがなく、バリエーションに富んでいる分、味わい方も様々です。
個人的には画像の右側にある唐揚げが一番好みの味付けでした。
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック