2019年セ・パ交流戦開幕

今日からセ・パ交流戦が開幕。
6月から始まる交流戦って、おそらく今回が初めてではないでしょうか?

北海道日本ハム7-6東京ヤクルト
先発はファイターズ・上沢、スワローズ・高梨の両投手。

試合は2回にスワローズが村上選手のソロホームランで先制して、4回にも山田選手の2ランなどで4点を追加して序盤に5点のリード。
しかし、ファイターズも4回に3点、5回に1点を返して1点差に。

7回表にスワローズが1点を追加して2点差に広げたが、その裏にファイターズが中田選手の2ランで同点に追いつき、試合は6-6のまま延長へ。
延長10回にファイターズが一死二、三塁から大田選手の犠牲フライでサヨナラ勝ち。
これでファイターズはリーグ戦と合わせて7連勝。

巨人3-2東北楽天
先発はイーグルス・塩見、ジャイアンツ・今村。

試合は0-0で迎えた5回表にジャイアンツが陽選手のホームランで先制したが、その裏にイーグルスがブラッシュ選手のホームランで直ぐに同点に。
試合は1-1のまま後半へ。

8回裏にイーグルスは3番・浅村選手が勝ち越しとなるソロホームランを打って、9回のマウンドには守護神・松井投手を投入。
しかし、松井投手が先頭打者の出塁を許し、続くビヤヌエバ選手に逆転2ランを浴びてリリーフ失敗。
その裏の攻撃も無得点に終わってジャイアンツがリーグ戦と合わせて3連勝。
一方、イーグルスん連勝は3でストップ。

阪神11-3千葉ロッテ
先発はマリーンズ・涌井、タイガーズ・メッセンジャー。

試合は両チームが序盤に3点ずつ奪う点の取り合い。
5回にタイガースが梅野選手にホームランが出て勝ち越し。
1点差で迎えた8回には糸井選手の2ランで3点差に。

9回には大腸がんの手術を乗り越えて、交流戦から1軍に合流した原口選手が代打で登場し、タイムリー二塁打。
この回、一挙5点を取ったタイガースが大量11点でマリーンズに大勝しました。

埼玉西武5-4広島
先発はライオンズ・今井、カープ・野村の両投手。

試合は2回にライオンズが金子侑司選手とと秋山選手のタイムリーなどで、一挙4点を先制。
負けじとカープも4回にバティスタ選手のホームランをきっかけに、3本のタイムリーも出て4点を取って同点に追いつく。
試合は、そのまま延長戦へ。

延長12回裏にライオンズは連打と申告敬遠で無死満塁。
ここで、今日ノーヒットの中村選手が三遊間を抜けるサヨナラタイムリーで決着がつきました。

DeNA3-1オリックス
先発はバファローズ・山本、ベイスターズ・大貫。

試合は2回にベイスターズが昨年途中までバファローズでプレーしていた伊藤選手のソロホームランで先制。
4回には二死満塁のチャンスから大和選手の2点タイムリーで主導権を握る展開。

ベイスターズの先発・大貫投手はバファローズ相手に5回を無失点に抑える好投。
6回以降は小刻みな継投でバファローズの反撃を1点に抑えてベイスターズが交流戦の初戦を制しました。

福岡ソフトバンク6-4中日
先発はホークス・バンデンハーク、ドラゴンズ・阿知羅。

試合はホークスが初回に3本のソロホームランで、いきなり3点を先制。
その後も小刻みに点を重ねて5回までに5得点。

ホークスの今季初先発・バンデンハーク投手は5回まで1人の走者も出さない完璧な投球だったが、6回に味方のエラーから急に崩れて満塁のピンチ。
ここで代打・堂上選手に満塁ホームランを打たれて1点に詰められたところで、好投のバンテンハーク投手は降板。

ホークスは7回に貴重な1点を追加して、守っても小刻みな継投でドラゴンズ打線を追い上げを振り切って勝利。
連敗を3で止めました。
逆にドラゴンズは、リーグ戦と合わせて3連敗。

まず交流戦初戦は3勝3敗の五分。
セパの首位チームが揃って負けるなど、早速交流戦の効果が出ましたね。
自分も何試合か交流戦を球場で観戦する予定です。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック