交流戦5カード連続勝ち越し

交流戦も残りわずか。
今夜は、東京ドームにてジャイアンツvsバファローズ戦を観戦しました。

初戦はジャイアンツ、2戦目はバファローズが勝って迎えた3戦目。
ジャイアンツは交流戦5カード連続勝ち越しを決めるか。
それともバファローズが阻止するか。
先発はジャイアンツ・桜井、バファローズ・K-鈴木の両投手。

試合は両先発投手の投げ合いで、4回まで両チーム無得点。
中でもK-鈴木投手はノーヒットに抑える好投。

そして、5回表に試合が動きバファローズが二死一、二塁から大城選手のタイムリー三塁打で2点を先制。
5回まで、わずか1安打のジャイアンツは6回裏に二死一塁から3番・丸選手がレフトポール際に飛び込む2ランホームランで同点に。
画像

ジャイアンツは7回から登板した澤村投手が2イニングを無失点に抑え、バファローズのK-鈴木投手は8回も続投。
8回裏にジャイアンツは二死からの連続四球で勝ち越しのチャンスで、迎える打者は前の打席で同点ホームランを打った丸選手。
ここでバファローズは昨日の試合で好リリーフを見せた近藤投手を投入。

丸選手は追い込まれながらも3球目の高めの球を弾き返してフェンス直撃の2点タイムリー三塁打が出て逆転。
9回表のマウンドに立った中川投手が2本のヒットを打たれながらも、最後の打者を併殺打に抑えて試合終了。

ジャイアンツが丸選手の4打点の活躍でバファローズに逆転勝ち。
これで交流戦5カード連続勝ち越しを決めました。

両先発投手の投げ合いで試合も早く進み、投手戦の様相。
こういう試合では先取点がモノを言いますが、その先取点を取ったのはバファローズ。
K-鈴木投手の出来からしても、なかなか攻略は難しそうでしたが、丸選手の一振りで一気に追いつき、8回には勝ち越し2点タイムリー。
チームでは4安打ながら4点取ったのだから、効率がいいと言うか何と言うか。
画像

ジャイアンツの交流戦最終カードは、現在、交流戦首位を走る王者・ホークス。
まさにジャイアンツにとってはラスボスですね。
交流戦優勝を懸けた最終決戦。
面白い3連戦になる事を期待しましょう。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック