ホームで痛恨の敗戦

今日からACLノックアウトステージ ラウンド16。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて韓国の蔚山現代FCとの対戦。

グループステージを2位通過したレッズ。
2年ぶりのACL制覇に向けて、最初の相手は蔚山現代FC。
川崎のいたブロックを1位通過で勝ち上がってきたチームだけに強いチームである事は確か。
私も仕事帰りに埼スタへ観戦しました。
画像

スタメンは、4日前の鳥栖戦から5人入れ替える布陣。
FWには杉本選手を投入。

試合はレッズが優位に試合を進める中、37分に杉本選手のヘディングが決まってレッズが先制。
しかし、5分後にあっさり失点し、前半は1-1で後半へ折り返し。

後半も1-1のまま終盤まで進み、36分に蔚山現代FCのカウンターからのミドルシュートが決まって逆転。
結局、これが決勝点となり蔚山現代FCが2-1で浦和レッズに勝利。
アウェーゴール+勝利とアドバンテージを得て、次のホームゲームに臨めます。
逆にレッズはホームで痛恨の敗戦で、崖っぷちに立たされました。
画像

鳥栖戦の劇的勝利から中3日で臨んだACL。
ホームで幸先よく先勝と行きたいところでしたが、逆に複数失点での敗戦。
まさに力負けでした。

韓国でのアウェーゲームは翌週。
最低でも2-0で勝たないといけないという厳しい条件ですが、可能性が0ではないので諦めません。
一昨年だって、初戦を2点差負けしながら逆転した試合が2試合もあったのだから。
ただ、一昨年と違って2戦目をアウェーで戦うのが不利と言えば不利ですね。


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

2019年06月20日 20:21
こんばんはです。
昨日はお疲れ様でした。先制したまでは良かったですが、その後もレッズは試合を落ち着かせることが出来ず、ミスからアウェーゴールを奪われてしまいましたね。それでも相手の強さからして、1失点は最低限と思っていましたが、2失点は正直キツくなりました。
この状況を打開するには、もはや2年前の再来に期待するしかないでしょう。あれを経験した選手が多く居る訳ですし組長も知っている筈ですから、もう戦い方はわかっている筈です。
逆転に期待です。
2019年06月20日 22:49
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
先制したのも水の泡でしたね。
2失点ともミスからだっただけに、次の試合がかなりきつくなりました。
それでも、2年前の再現を期待するしかありません。
延長覚悟で戦ってほしいです。

この記事へのトラックバック