広島グルメ日記2019

今回は広島旅行におけるグルメネタを更新します。

シーサイドカフェBEACON・士官カレー
画像

呉の大和ミュージアムのすぐ近くにある喫茶店のようなレストラン。
呉に来たらカレーを食べようと思っていましたが、どこにしようかまでは決めていなかったので、大和ミュージアムの近くで目についた、こちらの店を選ぶ事にしました。

カレーにも、いろいろメニューがありましたが、その中から「士官カレー」(1,250円)を注文。
士官カレーとはカレーの具に牛タンが入っています。

ライスの上にお子様ランチに立っていそうな旗が立っていますが、それは日の丸ではなく旭日旗。
そこは、流石に海軍ですね。
カレーはカレーは粘度の高いルーで、味の方も牛タンも柔らかいです。
食べるまでに、随分と並びましたが、それだけの事はありました。

麗ちゃん・お好み焼き
画像

広島駅の駅ビル「ekie」にある「廣島ぶちうま通り」にあるお好み焼き屋。
旅行雑誌にも写真つきで紹介される有名店との事なので、今回の広島風お好み焼きは、この店を選びました。

30分以上並びましたが、ようやくカウンター席へ。
通常の野菜、肉、卵の他に餅を追加で注文しました。

店員の人が目の前で手際良く焼いてくれて、およそ5分程度で完成。
見るからに大盛りって感じです。
味の方もふんわりしていて、野菜もシャキシャキしています。
ソースは甘口でした。
満腹感も味わい申し分なし。
こちらも長い時間並んで食べるだけの価値がありましたよ。

くにまつ+武蔵坊・汁なし坦々麺
画像

広島駅の駅ビル「ekie」にある「廣島ぶちうま通り」にあるラーメン屋。
今回は広島名物と言われる「汁なし坦々麺」を食べてみたく、駅ビル内にあるこの店を選びました。
プロ野球観戦後に帰りの新幹線までの空いている時間帯に食べました(汗)

「くにまつ」という店と「武蔵坊」という店が一緒になって経営している店。
この店の看板メニューらしい「ハーフ&ハーフセット」を食べてみたかったのですが、食券器には売り切れのランプ。
そういうわけで「くにまつ1辛」(700円)の食券を購入しました。

出されてみて、本当に汁が入っていませんが、挽肉や香辛料といった坦々麺の具材は乗っかっています。
まず、店員に言われた通り、面をひたすらかき混ぜてから食べました。
まず胡麻の香りがいいです。
辛さも程よく、そんなにヒリヒリすると言ったものではありませんでした。
値段が安いのもポイントです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック