FREE TIME

アクセスカウンタ

zoom RSS 令和元年ファーストゲームは痛恨の黒星

<<   作成日時 : 2019/05/03 18:46   >>

トラックバック 0 / コメント 4

Jリーグ第10節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにてジュビロ磐田との対戦。

GWも後半に突入し、令和元年になってから最初の試合。
相手はリーグ戦3連敗中のジュビロ磐田。
平成最後のJ1勝者になったレッズが、令和でもJ1最初の勝者になりたいところ。
画像

スタジアムに到着したのは正午過ぎ。
前回の神戸戦に負けないくらい人でいっぱいでした。
尚、新元号の印刷が入った十万石饅頭は既に売り切れていました(涙)

試合は前半はまずまずの内容。
相手陣内に何度か攻めていたが、最後の精度に欠き、前半終了間際の山中選手のFKも相手GKに阻まれて、前半は両チーム無得点。

後半になるとお互いにカウンターから攻勢に出ようとするが、0−0の均衡が破れないまま、後半もATへ。
ATの目安は4分。

そのATでレッズは青木選手のバックパスを相手FWに奪われてしまい、そのままゴールを決められ万事休す。
ジュビロ磐田が浦和レッズに1−0で勝利して、連敗を3でストップ。
逆にレッズは3連勝でストップして、順位も落とす事となりました。
画像

平成最後の勝者が令和最初の勝者になる事を期待していましたが、そんなに甘くなかったですね。
令和ゴール第1号もマリノスの選手で、試合終了も広島の方が早かったらしいので、令和最初の勝者もマリノスという事になるので、令和最初の敗者もレッズではないという事にって・・・何て自虐的な(汗)

前半は連動性もあって、前半に関しては今季1番の出来かと思っていました。
しかし、後半になると相手に攻め込まれる時間帯が多くなり、前半の出来がウソのよう。
そして、後半ATに出てしまったパスミスからの痛恨の失点。
パスミスした青木選手を擁護する事が出来ませんが、その前に決めるべきところを決めないから、このような結果になってしまったと言わざるを得ませんね。

途中交代で出てきた汰木、マルティノス両選手が全くダメだったのも誤算の1つ。
途中交代で出てきた選手がスタメン選手より動けないってどういう事?
特にマルティノス選手が突然、自陣に向かってドリブルをした挙句に相手に奪われてピンチを招いたシーンは自分の目を疑ってしまいました。
どうせ負けるんだったら、あそこでやられた方が良かったです。

枠内シュートもわずか1本。
そもそもシュートを撃とうとしない。
頼りの興梠選手に託そうにも彼が前を向いて受け取れるようなパスもほとんどなかった。
これでは相手も楽だったでしょうね。

次節はアウェー・豊田スタジアムにて名古屋グランパスとの対戦。
相手は得点数リーグ1位で失点もリーグ2位タイと最終節まで残留争いをしていた昨年とは別のチーム。
その前にACLでタイでのアウェーゲームが控えています。
ACLは残り2試合を全勝しないと終わりだし、リーグ戦も、この後はACL組との対戦も控えています。
とにかく、今の閉塞感漂う試合内容をどうにかしてほしいです。

(追伸)
5/4〜5と旅に出ます。
一応、パソコンも持っていきますが、返信は5/6以降になるかもしれません。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
いつもお世話になっております。

初の埼スタホームでの観戦となりましたがやはりサッカー専用スタジアムの近さは素晴らしかったです。散水に少し難点がある事も知りましたがこれまで全く外から見ていた浦和レッズと中に入ってみる浦和レッズは全く別世界でした。既に今季浦和には3万以上も支払いましたけれど3万支払っても惜しいと思う事は1つもありません。それだけの価値を与えてくれるクラブだという事を他のクラブを経験しているからこそ感じました。

試合に関して言えば磐田は大井健太郎1人いるといないではこれだけ守備が変わるという事です。彼の事は良く知っていますがディフェンスリーダーがいるといないではこれだけ違うというのが浦和にとって不運だったという事です。それに最初から5バックで中央を堅めてきたのでシュートを打てるコースが限定された事もシュート数が少なかった1つです。5バックで守るクラブはペナルティエリア外以外ではシュートコースが本当にありません。

いいカウンター攻撃もあっただけに先制していたら間違いなく勝利した試合で青木選手を責める事はできません。このミスは今後の試合で取り戻してほしい。

今年は日程と予算などの関係で行けるチャンスがあるか難しいですが今後も東京方面へ行く予定を立てる時は浦和の試合の日程を考慮する機会ができればと思います。
PGM21
URL
2019/05/04 05:43
おはようございます。
昨日はお疲れ様でした。平成最後にJリーグは3連勝したので、令和最初の試合でも引き続き勝ってほしかったですし、また勝てない相手ではなかった筈でしたが、まさか最後の最後でやらかすとは、大変ショッキングな事態になってしまいました。

青木のミスはミスとして、ご指摘の通り汰木とマルティノスは今回はダメダメでしたね。期待すると逆効果になってしまうのは残念ですが、マルティノスは良かった時が短くて、最近はまたダメな時に戻って来ていると思います。まあこれがマルティノスという選手なのでしょうけれど・・・。

この状態と過密日程でアウェーでブリーラム、更に今季好調の名古屋戦と、かなり厳しい道程になりますが、先ずは負けたら終わりのACL、何が何でも勝ってもらうしかないですね。
うえ
URL
2019/05/04 08:50
 >PGM21さん
お世話になっております。
昨日は埼スタまでお疲れ様でした、
確かにジュビロは守りを固めていましたが、真ん前から見てシュートを撃てるスペースもあっただけに、もう少し積極的に動いてほしかったです。
青木選手には、次の試合で取り返してくれたらと思います。
FREE TIME
2019/05/04 21:50
 >うえさん
こんばんは。
昨日はお疲れ様でした。
令和元年最初の試合に勝って4連勝と行きたかったけど、後々に響きそうな痛い黒星になってしまいました。
マルティノスは、もういいでしょう。
神戸戦といい、昨日といい醜態を晒すだけなら、もうベンチにも入れる必要はないと思います。
この後はACLとリーグ戦に連戦。
厳しい戦いが続きますが、そこを乗り越えてほしいです。
FREE TIME
2019/05/04 21:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
令和元年ファーストゲームは痛恨の黒星 FREE TIME/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる