春のグルメ日記(2019年5月)

暦の上では既に夏ですが、今回は、この春に味わったグルメネタを掲載したいと思います。

仲家・中落ち丼
画像

昨年、築地市場から豊洲市場へと移転しましたが、築地の頃からあった海鮮料理の専門店。
自分が訪れた時は、土曜日の早朝でしたが、その頃から並びました(汗)

様々な海鮮丼のメニューが揃っていますが、その中から中落ち丼(1,200円)を注文。
注文してから、そんなに待つことなく出てきましたが、まず量の多さに目を奪われました。
2~3層に、中落ちが重なっていました。ご飯は比較的少なめです。

中落ちは歯ごたえが良く、まぐろにも味付けがされていて、脂身も多くトロを食べているような感覚です。
ご飯はお酢が効いていました。
市場の食堂なので閉店は早いけど、朝早く来て食べに来た甲斐がありました。
お昼は、もっと混むのでしょうね。

カレー食堂 心 ・骨付きチキンのスープカレー
画像

JRさいたま新都心駅から歩いて5分。
さいたまスーパーアリーナ近くのけやき広場内にあるスープカレー専門店。
コクーンで映画鑑賞してきた帰りにランチで寄ってみました。

今回、注文したのが骨付きチキンのスープカレー(980円)。
ランチ価格で通常より安い値段でした。
注文時に白米か玄米か選ぶ事が出来ますが、今回は白米を。
辛さの方も選択できますが、通常の辛さにしておきました。

具材はチキンの他にジャガイモ、ニンジン、ピーマン、ゆで卵と、他のメニューより安めなので少ないですが。その分、スープカレーを味わう事が出来ます。
チキンレッグはスプーンで簡単にほぐれるので、最初にほぐした方が肉の旨みがスープに滲み出てきます。
白米は柔らかめで白米の上に2つ付いた海苔はパリッとしています。
都内にも店舗があるので、機会があれば、そちらでも食べてみたいです。

ローストチキン コオロギ・はね身
画像

JR浦和駅近くにある、今年オープンした鶏肉料理専門店。
実は、浦和レッズ・興梠慎三選手の実家・宮崎県で経営しているのですが、今年から浦和に進出してきました。

数あるメニューの中から選んだのがはね身(680円)。
店内のお品書きには、「肪少なめタンパク質豊富。ダイエット中の方、アスリートの方にオススメ。」などと紹介していました。

持ち帰りで頼んで家で温め直して食べてみましたが、はね身は骨付きで見た目がずっしりとしていますが、味はあっさりとしています。
ボリュームもあるので夕飯のおかずも、これだけでお腹が満たされますよ。


豊洲 Baystyle Guide
マガジンハウス
2018-06-29
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック