桜井投手がプロ初勝利

今日は仕事帰りに東京ドームにてジャイアンツvsベイスターズ戦を観戦してきました。

昨日はベイスターズが勝って今季初の4連勝。
対するジャイアンツは、昨日の敗戦で東京ドーム5連敗。
順位こそジャイアンツが上だが、チーム状態はベイスターズの方が上。
先発はジャイアンツ・今村、ベイスターズ・大貫の両投手。
画像

試合はベイスターズが1回から4回まで毎回先頭打者が出塁し、得点圏に走者を進めるが拙い攻撃で先取点が奪えず。
ここまで押され気味だったジャイアンツは4回裏に亀井選手のタイムリー三塁打で先制。
その後も大城選手のタイムリーから5連打で3点を追加し、更に満塁から丸選手が押し出し四球、岡本選手の犠牲フライで、この回に一挙6点を先制。

しかし、先発の今村投手がピリッとせず、5回も先頭打者の出塁を許し、ソト選手の3ランホームランを打たれ5回途中で交代を告げられる。
代わった2番手の桜井投手は2イニングを投げて1失点に抑えて、中盤を終えてジャイアンツのリードは2点に縮まる展開に。
画像

8回表のマウンドには澤村投手を投入。
その澤村投手は2つの四球などで満塁のピンチを背負い、一打同点の場面で迎える打者はホームランを打っているソト選手。
そのソト選手を澤村投手が内野ゴロに抑えてピンチ脱出。

そして、その裏に田中俊太選手にソロホームランが出て3点差に。
9回を中川投手が抑えて、ジャイアンツが苦しみながらも7-4でベイスターズに勝って東京ドームでの連敗を脱出。
一方のベイスターズの連勝は4で止まりました。

およそ3週間ぶりに1軍のマウンドに上がった今村投手。
ベイスターズとは前回GWで対戦しているが、その時は文句なしの内容で勝利投手。
エース・菅野投手が登録抹消中の中で、どんな投球を見せてくれるのかと思って観ていましたが、毎回のように得点圏に走者を出すアップアップな投球。
それでも粘りの投球というべきか、相手の拙攻というべきか、何はともあれ4回まで無失点に抑えた事で4回裏のビッグイニングに繋がりましたね。

自らタイムリーも打ち、これで投球の方も乗って来るかと思いましたが、逆に3点差に追い上げられるホームランを打たれて途中降板。
まだ3点差で勝利投手の権利がかかっているとはいえ、この交代は妥当でした。

2番手でマウンドに上がった桜井投手は6回に1点を失って、更に点差を詰められたが、今村投手よりはマシな投球でした。
桜井投手の火消しによって、試合も制して、4年目にしてプロ初勝利を達成。
ドラフト1位の大卒投手が、初勝利まで4年はかかりすぎな気がしますが、この初勝利をきっかけに勝ちパターンに起用されるような投手に駆け上がってほしいです。
画像

勝ったジャイアンツは明日から首位・カープとの3連戦。
相手は最大借金8をわずか半月で5割に戻し、気がつけば9連勝で首位浮上。
両チームとのゲーム差は1だが、今後のセ・リーグを占う為にも重要な3連戦になると思いますよ。

最後に球場グルメを。
今回食べた選手弁当は亀井選手プロデュースの弁当。

鶏天、牛タン、焼き鳥、餃子など、具材が豊富に取り揃えております。
ご飯が他の弁当に比べて少ないのが残念ですが、どの具も食べやすかったです。
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック