大誤審の挙句に大逆転負け

Jリーグ第12節。
浦和レッズは、ホーム・埼玉スタジアムにて湘南ベルマーレとの対戦。

今月に入ってリーグ戦2連敗のレッズ。
今日の対戦相手は、昨年2戦2敗を喫した湘南ベルマーレ。
ホームでの連敗は許されない戦い。

スタメンは前節から8人を入れ替え。
ファブリシオ選手が今季初のベンチ入り。

試合は前半22分に長澤選手、25分にナバウト選手が、それぞれ今季初ゴールを決めて幸先よく2点を先制。
しかし、前半31分にベルマーレがゴールを決めたのだが、これがノーゴールと判定。
このノーゴールの流れでプレーしたナバウト選手が負傷退場するなど、両チームにとって重苦しい試合になってしまい、前半はレッズが2点リードでハーフタイムへ。

後半に入ったすぐにベルマーレが1点を返して、29分には菊地選手の2点目となるゴールが決まって同点。
このまま2-2で試合は進み、後半もATへ突入。
ATの目安となる3分に入ったところでベルマーレが勝ち越しゴールが決まって、そのまま試合終了。

湘南ベルマーレが3-2で浦和レッズに大逆転勝利。
両チームの順位が入れ替える形になりました。

今日の試合は不参戦。
ネットで試合の様子を確認していました。

来週の北京国安戦を睨んだのはわかるスタメン構成。
逆に言うとフレッシュな選手を起用して、昨年の最終節のように吉となる結果が出る事を望んでいました。

前半の早い段階で2点先制した時は、今までの得点力不足が何だったのかと思う程。
特にナバウト選手は来日2年目にしての初ゴールだったので喜びもひとしおだった事でしょう。

しかし、あの大誤審から全てがおかしな方向に流れてしまいましたね。
明らかなゴールで、西川選手もボールをセンターサークルに戻すように下から適当に投げていた。
それがノーゴール判定だったので、プレーを続けようとしたらナバウトが相手GKと交錯して負傷交代。

あの誤審以降、レッズの選手は気まずい感じでプレーしていたように見えたし、逆にベルマーレは後半の気迫が凄かった。
キジェ監督がハーフタイムのコメントを白紙で出すなど怒り心頭だったようですが、この監督の気持ちが選手に乗り移ったのでしょうね。

この試合、あの大誤審をクローズアップさせる為にも、レッズが勝つかドローで終えなければなりませんでした。
それが終了間際にゴールを決められての大逆転負け。
ホームで2戦連続で終了間際にゴールを決められての負けとなると、ちょっと情けないの一言です。

次の試合は来週の火曜日のACLグループリーグ最終節。
ホーム・埼玉スタジアムにて北京国安との対戦。
前回のアウェーゲームではスコアレスドローだったけど、シュート0本という失態をしています。

今日の試合でベンチ入りしなかった主力選手には無失点を前提にした戦いが求められます。
勿論、勝つのが一番ですが。

そして、次節はホーム・埼玉スタジアムにてサンフレッチェ広島との対戦。
レッズと同じく連敗中のチーム。
ACLは既にグループリーグ突破が決まっているので、リーグ戦にベストメンバーを当てて来るでしょう。
今季ホームで勝てないレッズですが、流石に4連敗をするようだと監督の去就問題も取り沙汰されかねないだけに連敗を止めておきたいです。



この記事へのコメント

2019年05月17日 23:40
何時もお世話になっております。

長年プロの試合を観ていますがこれだけ誰もがわかるゴールをゴールラインを切らずにゴールポストに跳ね返ったと判定する主審は初めて観ました。西川やゴールを守っていた選手がしてやられたという表情からもプレーしている選手が頭の整理できなかったのは言うまでもありません。

これでゴールが認められていたならナバウトも負傷しなかった訳で主審はゴールを認めなかっただけでなくナバウトを病院送りにする2重の罪を犯したという事です。

サッカーを知らないが野球に詳しい人は2006年のWBCのメキシコのホームラン取り消しでメキシコに火が付いて日本の準決勝進出したをアシストした試合を引き合いに出したら理解されるでしょうね。

こういう誤審を受けた側の怒りを止めるのはそれだけ難しいという事は歴史が証明していると言えます。この試合チェアマンがいた事でゴールラインテクノロジーが早急に導入されるキッカケになった事は間違いないでしょう。

唯一の救いは主力6人がこの試合に出場していなかった事なのでオリヴェイラも言っていた通りこれもサッカーと割り切ってACLのグループリーグ突破に集中してほしいと思います。
2019年05月18日 09:16
 >PGM21さん
お世話になっております。
微妙なゴールは何度か見てきましたが、あそこまで完全に入っているのにゴールが認められなかったのは初めて見ました。
この誤審のせいでレッズの選手もやりにくくなったのは確かでしょうね。
この試合を観戦に来ていた村井チェアマンには早急にビデオ判定導入を推し進めるべきです。
次は北京国安戦。
この試合に出なかった主力選手には結果を出してもらいたいです。
2019年05月18日 13:09
こんにちはです。
ACLグループステージを絶対に突破するために大胆なメンバー入れ換えで臨み、そして2点を先行するなど、かなり良い感じで来ていたところでの大誤審とナバウト負傷。全てはあの誤審が流れを変えてしまいましたね。普通ならば起きないレベルの誤審、不要な誤審で湘南には火をつけてしまい、逆にレッズは完全に調子を狂わされてしまったと思います。
ただ2点差を引っくり返された原因、誤審もそうですけど、2点先行した後は、もっと落ち着いてサッカーが出来なかったのかなと思いますね。あそこまでバタバタする必要はなかったと思います。

北京戦、この敗戦を無駄にしたくないですね。
2019年05月18日 17:23
 >うえさん
こんにちは。
昨日はお疲れ様でした。
前半はいい感じで入れたのですが、あの誤審から流れがおかしくなってしまって、最後まで引き戻す事が出来ませんでしたね。
確かに2点先制したのだから落ち着いた試合運びをしてほしかったです。
もっとも、出番の少ない選手たちが多かったからペース配分も出来なかったのでしょうけど。

この記事へのトラックバック