令和元年スタート

今日は5月1日。
新元号として令和元年がスタートします。
平成に続き令和でも宜しくお願い致します。

平成最後の1日となった昨日。
まるで大晦日のような1日でした。
TV番組もそうだし、スーパーでは年号越し蕎麦とか言って即席を含めた蕎麦が多く売られていたし。

今朝、朝刊をポストから取り出した際に、1面の右側に書かれていた「2019年(令和元年)」の字を見て、本当に今日から新しい元号になるのだという事を再確認しました。
画像

日本各地では令和を祝福するムードでしたね。
平成が始まった時は昭和天皇が崩御したばかりで、自粛ムードに包まれていたので、本当にウソみたいな盛り上がりでした。
これも上皇陛下が生前退位という決断をしたおかげですね。

今日、午前中に皇居で即位の礼が執り行われました。
私は外出していたので生中継で観ていなかったけど、昨日まで皇太子殿下だった方が今日から天皇陛下になられるのですね。
天皇陛下は59歳2ヶ月での即位。
正直、令和は平成より短いかと思いますが、国の象徴として立派にこなしていけると思います。

天皇陛下の退位、即位に伴い、今年のGWは10連休。
その10連休も、今日でちょうど半分。
もう5日も経ったのかというより、まだ5日しか経っていないのかと言うのが正直な気持ち。
やはり、無駄に長いと、日常に戻った時のリズムを取り戻すのは容易ではないでしょうね。

元号が変わりましたが、当ブログは今後も継続していきます。
令和になっても、引き続き宜しくお願い致します。



この記事へのコメント

2019年05月19日 20:22
令和らしさは、まだ時代の輪郭が見えていませんが、平成とは、昭和の物語の濃さと比べると、中庸的で、薄かったように思います。

令和は、濃い時代であって欲しく、平成は昭和と令和とのブリッジに過ぎなかった、と言えるようになってもらいたいです。過ぎ去った時代にも、何らかの役割や、位置付けをすべきと思います。その点、昭和というのは、明確だと思います。

令和の今上天皇は、容貌といい、先代に似ていますね。悠仁様もですが、何故でしょうか。意外と、遺伝子が濃いのでしょうかね。
2019年05月19日 22:50
 >隆さん
こんばんは。
まだ令和は始まったばかりですからね。
正直、まだ平成の感覚が残っていますが、来年以降に令和の色が徐々に出てくるのかなと思います。
そういえば天皇家の人は顔つきが同じですね。
同じ遺伝子なので当たり前といえば当たり前ですが。
天皇陛下も美智子様似だったら、どんな顔になっていたのでしょうか?

この記事へのトラックバック