丸、岡本の連発で4連勝

先週末から開幕したプロ野球。
今日は、東京ドームにてジャイアンツvsタイガースの伝統の一戦を観戦してきました。

昨日の3連戦初戦はジャイアンツの勝利。
ジャイアンツが2戦目も取って4連勝するか、それともタイガースが勝ってタイに戻すか。
先発はジャイアンツ・メルセデス、タイガース・青柳の両投手。

画像

試合は初回にジャイアンツが坂本、丸両選手の連打でチャンスを作るが、岡本選手が併殺に倒れて無得点。
初回に先制のチャンスを逃がしたが、3回に二死一、三塁から丸選手が2試合連続ホームランとなる先制3ランを打ち、続く岡本選手にも今シーズン第1号ホームランが出て4点を先行。

7回にも二死から3連続四球で満塁として、岡本選手がレフト線への2点タイムリー二塁打。
これでリードを6点に広げる。

ジャイアンツの先発・メルセデス投手は7回まで3安打無失点の好投を続けていたが、8回にタイガース打線に5安打を集中されて3点を失い、この回限りで降板。
9回から抑えのクック投手を投入し、タイガース打線を無得点に抑えて試合終了。

ジャイアンツが6-3でタイガースに勝って、これで4連勝。
敗れたタイガースは2連勝の後、3連敗を喫して、借金生活に入りました。

今季初の野球観戦。
東京ドームの大勢の観客を目の当たりにして、改めて今シーズンが開幕した事を実感しました。
しかし、仕事帰りで7時に球場入りしたので丸選手と岡本選手の連続ホームランは見らなかったのが残念です。

ここまで当たりの出なかった岡本選手に今季初ホームランと2点タイムリー。
1~3番が打率3割以上だけに、岡本選手が調子を上げてくると、もっと得点力が上がってきますね。
画像

開幕戦という事もあって、夕食は東京ドーム内で食べました。
今年も東京ドームではジャイアンツの選手がプロデュースした弁当やサイドメニューがいくつか販売されています。
そこで、2019年最初に選んだ選手弁当は阿部選手プロデュースの弁当を購入。
画像

「豪快漢飯」とパッケージに書かれていましたが、フタを開けてみると、確かにカツや唐揚げなど肉料理が豊富でボリュームがあります。
ガーリックライスに同封されているコチュジャンソースを付けるのもポイント。

選手弁当は阿部選手も含めて計8種類。
阿部選手も、いつまで現役を続けられるかわかりませんが、今季も存在感の大きさを見せてほしいです。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック