平成最後のプロ野球観戦

今日は4月29日の昭和の日。
平成最後の昭和の日に、東京ドームにてジャイアンツvsベイスターズ戦を観戦してきました。

3連戦の3戦目。
ここまではジャイアンツの連勝でカード勝ち越しを決めて、一方のベイスターズは10連敗中。
ジャイアンツが一気に3タテするか、それともベイスターズが一矢報いて連敗を脱出するか。
先発はジャイアンツ・山口、ベイスターズ・上茶谷の両投手。
画像

試合は3回にベイスターズが一死一、三塁からソト選手のタイムリー内野安打で先制。
4回までルーキー・上茶谷投手の前に無得点に抑えられていたジャイアンツは5回に無死満塁と逆転のチャンス。
一死後、代打・大城選手の押し出し死球で同点に追いつき、続く代打・石川選手と併殺崩れと坂本選手のタイムリー内野安打で3点を返して逆転。

先発・山口投手に代打を送った関係で、ジャイアンツベンチは6回から継投へ入ったが、6回から登板の野上投手が2連続四球からタイムリーを打たれて1点差に詰められる。
そして、8回には宮國投手をマウンドへ。
宮國投手は二死三塁から大和選手に同点タイムリーを打たれ、続く石川選手に逆転2ランを浴びてしまう。

逆転したベイスターズは8回・エスコバー、9回・山﨑両投手が無得点に抑えて試合終了。
ベイスターズが5-3でジャイアンツに逆転勝ちして、連敗を10でストップしました。
画像

11連敗中のベイスターズに首位を快走するジャイアンツ。
昨日、一昨日の試合を観る限りでは3タテ出来そうな感じでしたが、そんなに甘くはなかったですね。

ジャイアンツは5回に代打攻勢で3点を返して逆転しましたが、この回でビッグイニングに出来なかったのが後々に響きましたね。
6回から継投に入ったジャイアンツですが、またしても脆弱なリリーフ陣を露呈する結果に。

6回から投入した野上投手は当たっていない梶谷、宮崎両選手を連続四球で出して、同じく打率が2割に達していない嶺井選手にタイムリー。
8回からマウンドに立った宮國投手も先頭の宮崎選手を簡単に歩かせて、二死後に同点タイムリーに逆転2ラン。
本当に何しに出て来たのかと思う程に、2人とも酷い投球でした。

先発の山口投手を含め、ジャイアンツ投手陣が当たっていないベイスターズ打線に四死球7つ。
特に不振で7番に下げられた宮崎選手に2度も歩かせているようでは、逆転負けも必然だったと思います。
今は打線の好調さもあって首位を走っていますが、このリリーフ陣を何とかしない事には、いずれは落ちますよ。

これで平成のプロ野球観戦は、今日で終わりとなります。
令和元年のプロ野球観戦も連休中に予定していますが、世間は連休でも、ずっと試合が行われる選手達にとってすれば大変でしょうね。

最後に球場グルメを。
今日、球場で夕食として食べたのが、今年から販売された岡本選手プロデュースの弁当。

特大のソーセージにチキン南蛮や肉じゃがなどバラエティに富んだメニュー。
肉だけでなく野菜も多めに入っていました。
その豊富なメニューの中で気になったのが、沢庵みたいな食感のピリ辛和え。
細かく刻んでいましたが、結構舌に来ましたよ。
画像



読売ジャイアンツ 選手別応援歌2019
ユニバーサル ミュージック
2019-03-27
ヒット・エンド・ラン
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック